しあわせトランプ

願いを叶えるたび1枚ずつ減り、最後のジョーカーを持っているとあらゆる不幸が襲いかかってくる『しあわせトランプ』。

上手に使いこなせるかどうかはあなた次第です。

しあわせ?恐怖?

部屋に転がっていたトランプは『しあわせトランプ』。

しずかちゃんと遊びたいというのび太の願いを叶えたところ、これは恐怖のトランプだとドラえもんから知らせれます。

しあわせトランプを使うのび太

あわてふためくドラえもんの姿が印象的

ドラえもん27巻「しあわせトランプの恐怖」P182:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

トランプは友人の間をまわり、たくさんの人の願いを叶えて最後の1枚になったところでようやくのび太の手元に戻ってきます。

最後は運の悪い強盗がトランプをひったくり、あらゆる災難をかぶってしまったかわいそうな結末を迎えるのでした。

しあわせトランプを盗んだ泥棒

泥棒なんていいこと無しなのに・・・

ドラえもん27巻「しあわせトランプの恐怖」P191:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

トランプも使い方次第

『しあわせトランプ』はたしかに願いを何でも叶える反面、最後の不幸とも隣り合わせな面があります。

たくさん願いを叶えてさっさと誰かに渡してしまえばいいのです。

賢いジャイアン

行動力のあるジャイアンですが、トランプを受け取ってからは意外と冷静な一面を見せます。

ジャイアンの冷静な判断

冷静な一面を見せるジャイアンである

ドラえもん27巻「しあわせトランプの恐怖」P186:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

「お金があればいいわけだ」。彼なりの正解を導き出した結果、宝くじで1等が当選する結果に繋がります。

今回はジャイアンが最も賢い選択をしたといえるでしょう。

実は危険なトランプ

「50回近くも願いが叶うならいいんじゃないのか?」と思うかも知れませんが、このトランプの怖いところは本人が知らないところで願いが叶っているという点です。

なにげなく頭で考えたことが実現したり、ささいなことでも思い通りになったとき、それはトランプの力が働いているのです。

枚数がたくさん残っている時はよくても、残り数枚になった時に勝手にトランプが減ってしまうのは致命的でしょう。

チャンスか?リスクか?

もしあなたの元に『しあわせトランプ』がまわってきたらどうしますか?

やはりここは現実的に考えてジャイアンと同じようにお金を選ぶ人が多いのではないでしょうか。

トランプをチャンスと捉えるか、リスクと捉えるか。

全てはあなたの判断次第なのです。



おすすめの記事