みちび機

迷った時の適切な行動を示してくれる便利なひみつ道具『みちび機』を紹介します。

この道具が示す通りに動けば、かならずいい方向に事が進むでしょう。

0点のひみつを守りきれ!

テストでまたもや0点を取ってしまったのび太。

ママに打ち明けるタイミングをはかっていますが、ドラえもんが出した『みちび機』によると、わざわざ夜7時に告白せよと指示がでました。

不思議に思いながらその時間を待つのび太ですが、待っている間もみちび機は正確なお告げを示してくれます。

  • ジャイアンをけ飛ばせ
  • 物置に隠れておけ

など、不思議な指示ではあるものの、結果的にすべていい方向に問題が解決したのです。

いよいよ夜7時になり、パパが仕事から帰宅し、叱る人が増えてしまったことを嘆くのび太です。

身を隠していた物置の古い書物の中からパパの昔の答案(0点)を発見し、それを見たパパはのび太を叱ることができなくなり、一件落着となりました。

パパが取った0点の答案

ドラえもんとのび太の顔にも注目だ

ドラえもん13巻「みちび機」P124:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

信頼できるアドバイス

みちび機のお告げを守れば間違いなくいい方向に事が進みます。

みちび機の効果を示すためにドラえもんがジャイアンをけ飛ばすシーンがありますが、普通に考えたらジャイアンもカンカンに怒りますよね。

ジャイアンを後ろから蹴り上げるドラえもん

世にも恐ろしいシーン

ドラえもん13巻「みちび機」P122:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

でもこの時ジャイアンは喉にアメをつまらせて苦しんでいたようで、ドラえもんのキックのおかげでそれが取れたということで、逆に感謝されたのです。

その効果に驚くのび太ですが、しっかりみちび機を信じてついていくことで、必ずやいい結果に結びつくのです。

パパの子のび太

のび太が0点の答案をママに素直に打ち明けるかどうか迷うシーンで、のび太は自分の右手と左手でジャンケンをし、それでどうするか決めようとしていました。

1人でジャンケンするのび太

あてのない勝負

ドラえもん13巻「みちび機」P119:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

普通に考えるとなんてバカなことをしているんだと笑い飛ばすシーンですが、実はのび太のパパも昔おなじようなことをやっていたのです。

1人でジャンケンするのび太のパパ

こちらもあてのない勝負

ドラえもん43巻「のび太が消えちゃう?」P132:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

上が問題のシーン。

のび太のパパの若かりし頃の様子ですが、金満(かねみつ)さんという家のお嬢さんをお嫁さんにするかどうかで迷っているシーンです。

左右の手でジャンケンをし、その結果次第で次の行動を決めようとするなんとも残念な様子です。

このパパの子どもなので、のび太が取った行動にも納得できますね。

みちび機さえあれば人生安泰?

迷った時の道標になる『みちび機』。

これさえあれば、人生何が起こっても迷うことなく、失敗することもありません。

みちび機がいうように行動すれば全てうまくいくのです。

普通の人間からすれば喉から手が出るほど欲しいひみつ道具の1つなのですが、それをマンガの中でやってしまうとドラえもんの面白さが無くなってしまいます。

それに、道具に頼り切った人生ではなく、自分で道を切り開く人に成長してほしいという藤子先生の想いがあったかどうかは定かではありませんが、これ以降『みちび機』が登場することはありません。

人生イージーモードで堕落しきった生活にならないように配慮した結果なのかもしれませんね。

おすすめの記事