書いた宛名の人にだけ見える不思議なペン『ないしょペン』。

これを使うことで、秘密のメッセージをこっそり書くことができます。

スポンサーリンク

しずかちゃんと手紙交換

しずかちゃんとハイキングに行く約束を取り付けたいのび太。

ドラえもんから借りた『ないしょペン』を使って手紙にメッセージを書きます。

しずかちゃんに手紙を届ける役目をなぜかジャイアンとスネ夫に託すのですが、こっそり開いた手紙は白紙でした。

のび太の手紙を読んでしまうジャイアンとスネ夫

当然のように手紙を盗み見る2人

ドラえもん14巻「ないしょペン」P58:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

実はこれ、ないしょペンで書いた宛名の人にしか読めない不思議な効果があったのです。

手紙を受けとったしずかちゃんは、あらかじめドラえもんからもらっておいたないしょペンを使ってのび太に返事を書くのですが、やっぱりこれもジャイアンとスネ夫には見えません。

手紙の内容が見えずイライラする2人。

調子に乗ったのび太はないしょペンでジャイアンとスネ夫の悪口を壁に書いてドラえもんとだけ笑っていたのですが、途中でインクが切れてしまい、慌てて逃げ出したのび太なのでした。

ないしょペンの悪口がバレて逃げ出すのび太

これはタイミングが悪かったとしか言いようがない

ドラえもん14巻「ないしょペン」P60:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

どうやって人を区別しているか不明

宛名の人にしか見えない文字は非常に画期的なアイディアである一方、ないしょペンはどうやって宛名の人を区別しているのでしょうか。

コミックでは『しずかちゃん』や『ジャイアン』『スネ夫』という具合に、いつもの呼び名が宛先として書かれています。

ペンはこれでもその人を認識しているようですが、これが例えば同姓同名の人の場合はどうなるのでしょうか?

残念ながらコミックではそこまで触れられていませんが、おそらく自分が意図する人にしか見えない都合のいい仕様なのでしょう。

書いた本人にも見えるはず?

のび太の説明によると、ないしょペンは書いた宛名の人にしか読めないとなっています。

ないしょペンで書いた本人も読めるはず

本当だろうか?

ドラえもん14巻「ないしょペン」P59:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

しかしこれはおそらく間違いで、書いている本人にもその文字が見えてないとおかしなことになります。

自分の文字が見えなければちゃんと文字が書けているかもわかりませんし、どうやって手紙を書くのでしょうか?

インクが切れる恐れあり

のび太のように途中でないしょペンのインクが切れてしまう可能性があります。

ヘタに宛名と勘違いされるような表現は避け、急なインク切れに備えるようにしましょう。

おすすめの記事