何に対しても疑い深い性格にしてしまう『ギシンアンキ』と対をなすひみつ道具が『スナオン』です。

ギジンアンキでひねくれた性格をもとの人間に戻すために使われたり、それ単体で使うと何でも素直に受け入れてしまう真人間にする効果もあります。

スポンサーリンク

スナオンの本編での使われ方

ジャイアンの謎理論に騙されてまんまと100円のアイスを50円で強奪されたのび太。

そんなのび太を心配したドラえもんが、すべてを疑ってしまう薬『ギシンアンキ』を飲ませ、
のび太を疑り深い人間にしてしまいます。

しかしこの『ギシンアンキ』は同時に凶暴性も高めてしまうようで、先ほどのジャイアンの謎理論をさらに超えた超理論で100円の返金を迫り、暴走していくのび太。

ジャイアン以外の人間も一切信用せずに迷惑をかけ始め、この暴走ぶりを心配したドラえもんが出したのが『スナオン』です。

なんとかスナオンをのび太に飲ませようとするドラえもんですが、ギシンアンキを飲んで疑い深くなったのび太に素直に飲ませるのは至難の業です。

そこでドラえもんは「この薬(スナオン)は毒だから飲むな」と敢えて反対のことをいい、のび太の心理を逆手に取って見事スナオンを飲ませることに成功します。

スナオンをのび太に飲ませるドラえもん

のび太を上手に操るドラえもんの言葉

ドラえもん9巻「世の中うそだらけ」P118:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

お見事な戦法でした。

効果が強すぎるのが残念

今回紹介した『スナオン』、そしてこれとペアとして使われる『ギシンアンキ』は、どちらも両極端の効果を持っています。

性格をお手軽に変えるのはすごいことだとしても、一方に振り切れてしまうのは危険極まりないことです。

性格を戻すにはスナオンかギシンアンキのどちらかを服用する必要がありますが、特にギシンアンキによって変わってしまった性格をもとに戻すのは苦労しそうですね。

のび太が使ったらどうなるのか?

のび太は基本的においしい話にすぐ飛びつき、楽な方に流れ、人が言うことを素直に信じ込む性格をしています。

こんな状態でスナオンを単体で服用すると、一体どんな人間になってしまうのでしょうか。

世界のありとあらゆる情報を信じ込み、周囲に振り回され、自分1人では普段の生活すら送れなくなってしまうことが考えられます。

騙されやすいのび太

この素直さがのび太の良さかもしれない

ドラえもん9巻「世の中うそだらけ」P119:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

人としての思考回路が停止し、純真無垢な赤ちゃんのような人間になってしまうかもしれませんね。

ある意味、清廉潔白な人といえるかもしれませんが、情報にあふれる最近の世界において、このような性格の人間は損する役回りになる可能性が大いにありますね。

もしも現実にあったとしたら

『スナオン』は元々『ギシンアンキ』と対になっている道具ですから、それ単体では自白剤ばりに危険な使われ方をされる可能性のある道具です。

スナオン単体での使い道を色々と模索しても、漏れなく危険な使い道になってしまいました。

しかし、その効果をよく理解し、ギシンアンキとの併用ならば使い道を見出すことができます。

本編中の展開を見る限り、ギシンアンキの効果を消すことができるのはこのスナオンだけという事になります。

ビジネスなどの複雑な交渉の場において、相手にだまされないためにギシンアンキを使い、頃合いを見計らってスナオンで性格を戻すのです。

もちろんこれには周りの援助が不可欠です。

自分1人ではのび太のように暴走してしまうのがオチなので、上手に使い分けたいところですね。

おすすめの記事