ロープの両端を2人で持つと、2人の人格が入れ替わってしまう『入れかえロープ』というひみつ道具を紹介します。

しっかり考えて使わないと、後々大混乱を引き起こしてしまいます。

スポンサーリンク

ややこしい入れかえロープ

ジャイアンにケンカで勝ちたい。

そんなのび太の願いを叶えるべく、ドラえもんは『入れかえロープ』を出します。

これでのび太とジャイアンを入れかえてしまい、のび太がジャイアンに勝つという構図を作り出そうとしたのです。

結果は入れかえロープを使ったのび太の圧勝!

入れかえロープで入れ替わったのび太とジャイアン

ジャイアンに圧勝するのび太

ドラえもん15巻「入れかえロープ」P49:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

その後も入れかえロープを使って次々と人格を入れ替えて楽しむのび太ですが、犬と入れ替わるなどだんだん収拾がつかなくなります。

最後は皆で話し合うという大混乱のオチを迎えるのでした。

入れかえロープで混乱する人たち

入れ替わった順番の逆をいけば簡単に解決するのだが。

ドラえもん15巻「入れかえロープ」P54:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

入れかえロープで入れ替わるもの

入れかえロープを使って両者の間で入れ替わるものには制限があります。

入れ替わるもの

性格・身体能力・周囲の認識

入れ替わらないもの

容姿・身体的な性別・言語能力・考えていることの一部

入れかえロープを使っても両者の容姿は変わりませんが、内面の大部分が入れ替わります。

のび太(中身はしずかちゃん)と犬が誤って入れ替わった時、中身がしずかちゃんになった犬は「キャンキャン」と鳴くばかりで、人の言葉を話すことはできませんでした。

入れかえロープでも人の言葉は話せない犬

なんともシュールな一枚。

ドラえもん15巻「入れかえロープ」P53:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

しずかちゃんのママも犬の前足と手をつないで平然と歩いているので、入れかえロープの効果でしずかちゃんと思い込んでいるのでしょう。

のび太の意識は残り続けている?

ドラえもんから無理やり入れかえロープを奪ったのび太は、とにかくたくさんの人と入れ替わりたいという欲にかられます。

この考え方はジャイアンやしずかちゃんと入れ替わった後でもずっとのび太本人に残り続けていて、ここが今回の話をややこしくしている原因ともいえます。

都合よく入れかえロープの記憶だけ本人に残るので、次々と新しい被害者が生まれてしまうんですね。

まぁそこはマンガなので無理もいえませんし、追求することでもありません。

純粋にマンガとして楽しみましょう。

おすすめの記事