身につけて生活していると自然に電気がたまり、周囲をしびれさせるようになる『ちく電スーツ』の紹介です。

コミックでは友だちをしびれさせて感動していると錯覚させるために使われましたが、エコを見据えた未来の道具と見ることもできます。

スポンサーリンク

ジャイアン VS のび太

ジャイアンの歌はオンチで有名ですが、ジャイアン自信は自慢の歌声で周囲をしびれさせていると勘違いしています。

おせじじゃなく、本当に自分の歌声でしびれさせたいとのび太が考えていると『ちく電スーツ』をドラえもんが取り出したのです。

これを着て生活しているとスーツに電気がたまり、周りの人をピリピリと刺激し、まるで自分の言動に感動してしびれているような錯覚を引き起こすことが可能になります。

のび太の歌声もひどい(らしい)のですが、不思議とそれにしびれてしまう友だち。

のび太の歌声にしびれる友人たち

人前で堂々と歌えるのび太の胆力

ドラえもん13巻「ちく電スーツ」P38:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

ジャイアンも意地をはってそれを認めようとしない姿勢が続きましたが、電気がちく電スーツにどんどん溜まり、アースを取り付け忘れていたことが災いし、危険な放電が始まったのです。

溜まった電気を放出するため、複数の電化製品の電源となったのび太でした。

電気を放出して電化製品を動かすのび太

便利な人間発電所の完成

ドラえもん13巻「ちく電スーツ」P40:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

何もしないのに発電

ちく電スーツを着ている間は普通に生活するだけでどんどん電気が溜まります。

体がちょっと動くだけで効率よく電気が発生し、それをスーツ内に溜めておくことができるのです。

アースをつけてなかったのび太は、ものの数時間で1万ボルトを越える電気を作り出していました。

1万ボルトを放出するのび太

非常に危険な状態である

ドラえもん13巻「ちく電スーツ」P40:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

風力発電や火力発電のような大掛かりな設備とは違い、人が着て生活するだけでこれだけの電気がうまれるというのは、さすが未来の世界のひみつ道具です。

発電所いらず

極端な話、ちく電スーツがあれば各家庭で使う日常的な電力程度は余裕でまかなえてしまいます。

アースの取り扱いには十分注意する必要があるものの、上手に使えば環境にクリーンなライフスタイルが送れますね。

こういう道具が一般的に出回っている未来の世界では、おそらくもっと効率的に発電できる設備が充実し、電力問題なども解決されていることでしょう。

ジャイアンの自信

歌手としては誰にも負けたくないジャイアン。

のび太の歌がしびれるという噂をきいたジャイアンは「おれのほかにしびれる歌手がいるのは信じられない」と、ちょっと行き過ぎた自信を見せます。

自分の歌に自信があるジャイアン

根拠のない自信が時には重要かもしれない

ドラえもん13巻「ちく電スーツ」P38:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

本当に成功する人はこれぐらいの自信があるものなのでしょうが、ジャイアンが持つ歌手への夢は相当な本気度を持ったことだということが伺いしれます。

おすすめの記事