バイバイン

5分経過するごとに物が倍に分裂するひみつ道具『バイバイン』です。

使い方を間違えると地球を滅ぼしかねない恐ろしい力を秘めています。

栗まんじゅうが世界を滅ぼす

食べると物は無くなる。

こんな当たり前の常識に真剣に悩むのび太は、5分ごとに物が倍に増える『バイバイン』を使って大好きな栗まんじゅうを増やそうとします。

バイバインで増える栗まんじゅう

ツヤツヤと美味しそうな栗まんじゅう

ドラえもん17巻「バイバイン」P7:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

いつまでも増え続ける栗まんじゅうに嫌気がさすのび太は、ママや友達に代わりに栗まんじゅうを食べてもらうのですが、どうしても最後の1個を食べきることができません。

処分の方法にこまっているうちに増え続ける栗まんじゅう。

もはや手に負えなくなったのび太はゴミ箱に栗まんじゅうを廃棄するのですが、栗まんじゅうは増え続け、とうとう家の裏を埋め尽くすまで増殖したのでした。

やむなく宇宙の果てに送ったドラえもんとのび太ですが、今でも栗まんじゅうは宇宙のどこかで増殖し続けているのです。

大量に増えた栗まんじゅう

これは一大事である

ドラえもん17巻「バイバイン」P11:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

後処理が最重要

5分で物が倍になるということは、1つの物体が1時間後には4,096個にまで膨れ上がります。

それからさらに1時間後には16,777,216個、さらに1時間後には68,719,476,736個という途方もない数に膨れ上がる計算です。

ドラえもんが言う「1日放置すれば地球が栗まんじゅうの底にうまってしまう」というのは紛れもない事実なのです。

地球が栗まんじゅうの底にうまってしまう事実を知るのび太

気軽に使うと危険なバイバイン

ドラえもん17巻「バイバイン」P11:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

バイバインを使う時は、誰かが無責任に放置してしまうと地球を滅ぼしかねない恐ろしいパワーがあることを理解しておく必要があります。

今でも増え続ける栗まんじゅう

宇宙に飛ばされた栗まんじゅうは、実は今でも無限に増え続けています。

大長編「のび太の新魔界大冒険」の1シーンに、宇宙空間を漂い続ける栗まんじゅうの描写があります。

勘のいいドラえもんファンならピンとくる嬉しいシーンですね。

栗まんじゅうが美味しそうに見えるのは自分だけ?

管理人が幼い頃、この栗まんじゅうを見てとても美味しそうに見えたことを今でも鮮明に覚えています。

ツヤツヤと輝く表面に、それをおいしそうに食べる登場人物。

コミックに登場するどら焼きよりも食べたい気持ちが高まりました。

ドラえもんは色々な面で夢を与えてくれるマンガですね。



おすすめの記事