ドラえもんのポケットからニュッと伸びる『マジックハンマー』の紹介です。

用途がいまいちわからない、いかにもドラえもんらしいひみつ道具です。

*正式な道具の名前が登場しないため、管理人が勝手に名前を付けています*

スポンサーリンク

のび太でさえ敵対視

ドラえもんがマジックハンマーを使って攻撃したのは、なんとのび太!

ドラえもんはスネ夫に『友情カプセル』を悪用され、スネ夫の友だちになってしまいました。

ドラえもんを取り戻そうと、あの手この手を考えるのび太ですが、スネ夫の命令「おっぱらえ!」の一言でドラえもんはのび太を敵とみなし、マジックハンマーで攻撃したのです。

ドラえもんがのび太を攻撃

コンコンというよりも痛そうに感じる

ドラえもん4巻「友情カプセル」P95:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

普段ケンカばかりするのび太とドラえもんですが、二人の間には強い信頼と絆があるのは誰が見ても明白です。

そんなのび太を攻撃してしまうのですから、いかに友情カプセルが恐ろしく、スネ夫の悪知恵が優れていたのかがわかります。

攻撃されたのび太は、たとえそれがひみつ道具の効果によるものだと知ってはいても、とても悲しそうな表情をしていますね。

悲しむのび太

悲しみに負けそうになるのび太

ドラえもん4巻「友情カプセル」P95:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

目的がいまいちわからない

さて、このマジックハンマーですが、本当に攻撃用として開発されたひみつ道具かどうかはいまいちわかりません。

のび太に対しては「コンコン」という優しい音を立てながら攻撃していますが、ひょっとしたら建築用の道具なのかもしれません。

ドラえもんが操作しているようには見えないため、念波式のひみつ道具なのでしょう。

四次元ポケットから伸びているので、本体がどのような形をしているのかも不明です。

  • どの程度の力で叩くことができるのか
  • どれぐらい伸びるのか
  • 耐久力はどれぐらいあるか

など、わからないことが多すぎるひみつ道具です。

ランダムで登場したひみつ道具かもしれない

ドラえもんがお腹につけている四次元ポケットは、使用者の意思(念)を感じとり、頭に浮かんだひみつ道具を取り出せる仕組みになっています。

友情カプセルで正気を失っていたドラえもんは、しっかりした判断能力がない状態といえます。

そんな時に道具を取り出せば、例えば大長編「雲の王国」でも見られたように、全く関係のないひみつ道具が飛び出すことがあります。

四次元ポケットをデタラメにいじる

何が飛び出すかわからない

大長編のび太と雲の王国P107:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

この時も全く使いみちがわからないおもちゃのような物が出現していますが、ひょっとすると今回のマジックハンマーもそれに近いものがあるかもしれません。

ドラえもんの味と思って楽しもう

こうやってわけのわからない道具を出すドラえもんだからこそ、可愛げがあり、どこか憎めない感がありますね。

使う目的がわからなくてもいいんです、それがドラえもんを構成する1つの味なんですから。

視点を変えると、いつもと違うドラえもんの楽しみ方が見つかるかもしれません。

おすすめの記事