ほどほど海ぞく船

ほどほど装置を搭載した『ほどほど海ぞく船』。

一般的な船の性能はありますが、ほどほど装置のせいで対抗の船には絶対追いつけない仕組みになっています。

海賊船と追いかけっこ

宝さがし地図と針』で宝島を偶然見つけてしまったドラえもんとのび太。

大海原の航海の気分を出すため、ジャイアンとスネ夫に海賊役をお願いし『ほどほど海ぞく船』で宝島を目指すことにします。

海賊船に乗るジャイアンとスネ夫

お願いして海賊になってもらった

ドラえもん45巻「南海の大冒険」P41:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

大砲をバンバン撃ったりスピードを上げて競争するなど楽しみながら宝島に到着したのですが、果たして宝物は存在するのでしょうか?

帆船型のモーターボート

見た目は海賊船ですが、実はモーターボートの『ほどほど海ぞく船』。

宝さがし用帆船』と同じくキッチンやベッドがあり、最低限の生活を送れるようになっています。

大砲を発射するボタンとスピードを上げるボタンがついているのが特徴です。

ほどほど装置搭載

『ほどほど海ぞく船』にはあらかじめほどほど装置が搭載されていて、いくら大砲を撃ってもスピードを上げても相手船に勝つことができず、ほどほど接戦になるように設定されています。

ところがこの装置は故障しやすいようで、ドラえもんが慌てて修理する場面が描かれていました。

故障したほどほど装置

沈没寸前である

ドラえもん45巻「南海の大冒険」P43:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

レース要素を盛り上げるための装置なのですが、故障でもしない限り絶対に相手に勝てないとなると乗ってる人も気分が削がれてしまうでしょう。



おすすめの記事