星とりあみとハンマー

石やブロックを力いっぱい叩いたエネルギーを星として出現させる『星とりあみとハンマー』というひみつ道具を紹介します。

東京の空に天の川を!

ジャイアンの自慢話を聞いて自分もキレイな星空を眺めたいと感じるのび太。

そこでドラえもんは『星とりあみとハンマー』を取り出し、ブロックを叩いた時のエネルギーを星として捕まえようとします。

星を捕まえるドラえもん

星を取るという、一般人が聞くと謎だらけのワード

ドラえもん38巻「夜空がギンギラギン」P7:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

たくさんの星をつくって夜空に浮かべると、これまで見たこともないキレイな星空が完成したのでした。

マンガならではの展開

ブロックを叩くハンマーは実は普通のハンマーです。

マンガの表現で物と物がぶつかったら星を飛ばす演出がありますが、その星を『星とりあみ』で捕まえるという理屈です。

マンガの星を捕まえるドラえもん

もはやマンガの世界である

ドラえもん38巻「夜空がギンギラギン」P8:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

のび太がジャイアンにボコボコに殴られるシーンでも星がたくさん飛び出ますが、それですら『星とりあみ』で捕まえてしまうのです。

空間に貼り付けよう

捕まえた星は『空間接着剤』を使って空気中に貼り付けて星として観賞します。

これがないと壁や天井に普通の接着剤で貼り付けることになり、リアリティが無くなってしまいますね。

星の観賞以外の使いみち

『星とりあみ』で捕まえた星はエネルギーのかたまりです。

これを他人にぶつけると強い痛みと衝撃を与えることができるため、たくさん星をあつめて攻撃用に使うことができます。

星のエネルギーを痛がるジャイアンとスネ夫

なんとか平和的に利用してもらいたいものである

ドラえもん38巻「夜空がギンギラギン」P13:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

護身用に2〜3の星を持ち歩いたり、大長編で敵と闘う時にそなえてたくさん星を準備し、空から相手にぶつけるという戦法も取れます。

星の大きさはエネルギーの強さに比例するため、できるだけ強いエネルギーを捕まえておくといいでしょう。



おすすめの記事