狙った獲物は逃さない!

ターゲットをどこまでも追いかけ続ける『ゆうどうミサイル』というひみつ道具を紹介します。

果たしてこのミサイルから逃げられる人はいるのか?

スポンサーリンク

ネコ退治のミサイル

しずかちゃんの大切なカナリアを食べてしまった野良猫。

相談を受けたドラえもんは『ゆうどうミサイル』を使って野良猫をこらしめようとします。

このミサイル、一度ターゲットを決めるとどこまでも追いかけ続ける機能があり、ゆっくりとしたスピードではあるものの、最終的には必ず当たります。

頼りないゆうどうミサイル

ミサイルにしては頼りない飛び方

ドラえもん12巻「ミサイルが追ってくる」P7:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

ファインプレーのジャイアン

野良猫の次はジャイアンが標的です。

ところがジャイアンはあの手この手でミサイルから逃れようとし、最終的に家の中に閉じこもってしまったのです。

顔をハチに刺されたのび太がジャイアンそっくりに顔が腫れてしまったことで、ミサイルがのび太をジャイアンと勘違いして追いかけ回されるという壮絶なオチで幕を閉じるのでした。

のび太をジャイアンと勘違いしておいかけるゆうどうミサイル

いくらなんでもジャイアンに似すぎ

ドラえもん12巻「ミサイルが追ってくる」P13:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

ミサイルは万能ではない

狙ったターゲットをしつこくおいかけるゆうどうミサイルですが、その性能は正直いまいちです。

逃げ回る子どもにすら満足にヒットせず、挙げ句の果てには顔が似た別人(のび太)を追いかけてしまう失態を犯します。

このことから、ミサイルはターゲットを目視で認識していることがわかりますが、未来のミサイルがそんな貧弱な性能でいいのでしょうか?

あくまでも子どもが使うおもちゃとして使われるならそれでもいいですが、少なくともレーダーぐらい搭載したほうがいいのでは?と思ってしまいます。

『狙った獲物は逃さない』とはいいながらも、ミサイルから逃げるにはミサイルの目が届かないところに逃げ込んでしまうのが得策なようです。

言い分がひどいジャイアン

のび太がゆうどうミサイルでジャイアンをターゲットにしたのには理由があります。

のび太が道を歩いていたところ、空き地で野球をしていたジャイアンのボールがのび太の頭にぶつかりました。

その時のジャイアンの言葉がかなりひどいのです。

「ぼんやり歩いてるからだ、ばか。ボールを投げてよこせ、のろま。」

横暴なジャイアンの言葉

ジャイアニズム、発動

ドラえもん12巻「ミサイルが追ってくる」P9:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

どうでしょう、明らかにジャイアンに非があるのにも関わらず、この言い分です。

これを平然と言うジャイアンの思考回路というか態度が、器の大きなジャイアンを構成する魅力の1つなのでしょうか・・・。

おすすめの記事