室内のわずか2畳程度のスペースでスキーの本格的な練習をするひみつ道具『おざしきゲレンデ』です。

臨場感あふれるスキー体験ができますよ。

スポンサーリンク

ハイスペックなスキーマシン

おざしきゲレンデに乗ると、足元のマシンが体重や重心を感知し、スキー山の斜面を再現したかのようなリアルな滑り心地を楽しむことができます。

ルームランナーのようにベルトがくるくる回転する仕組みなので、スキーの練習といえど広いスペースは必要ないんですね。

滑る角度によってスピードが自動調整されたり、転んだらそれに合わせてスピードが変わるなど、細かいバランス調整が見事なマシン。

ひみつ道具のおざしきゲレンデ

体のバランスが大切

ドラえもん2巻「勉強べやの大なだれ」P158:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

季節に関係なくいつでも練習できるので、のび太のようにスキーが出来ない人でも時間をかけて練習すればきっと上達するはずですね。

立体映像を映し出す

おざしきゲレンデの凄いところは、VRのようにリアルな雪山の映像を体感しながらスキーの練習ができることです。

進んだら進んだ分だけ景色が変わり、本当に雪山にいるかのような錯覚をおぼえます。

雪なのに冷たくない!と、徹底的にリアルにこだわりたければ、温度調整機能を使うこともできますよ。

現代のVRはリアルな映像を映すまでが精一杯ですが、おざしきゲレンデのように風や気温、気圧の変化などまで体感できるようになるには、しばらく時間がかかりそうです。

1人で使うのは危険

マシンの設定をでたらめに変更してしまったせいで、おざしきゲレンデがおかしな挙動をするようになります。

本来は持ち合わせていないような雪崩が発生したり、走っても走っても雪山から抜け出せなくなったり。

ドラえもんとのび太は、家の中にいるにもかかわらず、遭難してしまったのです!

周りから見ると、機械の上でジタバタしているようにしか見えませんが、当の本人からすると出口のない雪山を永遠にさまよい続けるのと同じこと。

雪崩で遭難するドラえもん

この後どうやって抜け出したのだろうか?

ドラえもん2巻「勉強べやの大なだれ」P165:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

マシンの突然の不具合も考えられるため、おざしきゲレンデを1人きりで使うのは危険です。

万が一のことを考え、誰かそばにいる状態で使うようにしましょう。

おざしきゲレンデはスキー上達になるのか?

果たしておざしきゲレンデを使っていると、本当にスキーの腕前が上達するのでしょうか?

おざしきゲレンデが再現する現実の世界のリアリティがどの程度なのかにもよりますが、やはりマシンが作りだす世界と現実の雪山は全く同じとは言い難いのでは?と考えてしまいます。

スキーの基本的な滑り方やバランスのとり方は学べると思いますが、やはりいずれは本物の雪山で滑ってみる経験が必要でしょう。

やはりVRの技術は楽しみ

少し話がそれますが、先程も出てきたVR技術、もし本当におざしきゲレンデがこの世に実現するならば、今のVR技術がかなり進化した結果といえるかもしれません。

今は映像の没入感を重視したマシンがほとんどですが、近い将来はよりリアルな感覚を感じる最先端マシンが流行してくるのでしょうね。

しかもボタン1つでその世界を実現できるようなので、おざしきゲレンデのシリーズ物として例えば、

  • おざしきサーフィン
  • おざしきスカイダイビング
  • おざしきスキューバ
  • おざしきバンジージャンプ

など、家の中にいながら外の世界を実体験できる世の中になっているんでしょうね。

おざしきゲレンデをこっそり練習に役立てよう

スキーが好きな人からすると、いつでもどこでも雪山を再現できるおざしきゲレンデは喉から手が出るほど欲しいはず。

もしあなたがおざしきゲレンデを手に入れたら、ぜひこっそり部屋でスキー練習を楽しんでください。

決して1人で練習せず、誰かが監視してくれている状態をおすすめします。

おすすめの記事