リザーブマシン

リザーブマシンを使うと、何でも自分のために予約することができ、他の人がそこに干渉することができなくなります。

映画館の席はもちろん、電車のイスやドラやきなんかでも予約することができます。

予約のしすぎにはご注意を

部屋においてあるドラやきをどうしても食べることができないのび太。

ドラやきを食べることができないのび太

必死のドラやきとの格闘

ドラえもん17巻「ドラやき、映画、予約ずみ」P158:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

それもそのはず、あらかじめドラえもんが『リザーブマシン』を使ってドラやきを予約していたのです。

『リザーブマシン』を使うと、食べ物に限らず人の行動や商品、サービスなどあらゆるものを自分のものとして予約することができます。

例えばすでに限定販売が終了したものだったとしても、『リザーブマシン』を使うと予約していたことになり、好きなタイミングで購入することが可能です。

大人気の映画を特等席で鑑賞したり、満員電車の中で席を確保していたり、のび太はあらゆることを予約します。

満員電車の席を予約したのび太

これが通勤で使えれば最高だ

ドラえもん17巻「ドラやき、映画、予約ずみ」P164:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

記念切手をみせびらかすために友達3人の行動を予約したのび太でしたが、ひょんなことからそのことをすっかり忘れてしまい、1日中かれらは外出することができなかったのです。

果たしてのび太は翌日、無事に学校から帰ることができたのでしょうか?

のび太に行動を予約されて外出できなかったジャイアンとスネ夫

文句が出るのも仕方ない

ドラえもん17巻「ドラやき、映画、予約ずみ」P166:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

リザーブマシンが活躍するシーン

『リザーブマシン』を使えば、どんなサービスも自分の都合がいいように予約することができます。

  • 大人気の遊園地
  • 数量限定販売の記念品
  • 混雑時の新幹線の自由席

などなど、もしリザーブマシンが実現していれば活躍するシーンがたくさんありますね。

人としては褒められたことではありませんが、彼氏 / 彼女の関係でもリザーブマシンを使うと横取りすることができます。

すでにその人を予約していたことにすれば、他人の関係をぶち壊すことだってできちゃう恐ろしいひみつ道具なのです。

予約のしすぎに注意!

のび太のようにリザーブマシンで他人を足止めしているにも関わらず、そのことを忘れてしまってはいけません。

他人の時間を奪う行為と同じなので、予約した事柄は手帳に書くなどして完全にやりきるようにしましょう。

手当たり次第に予約しすぎると、後から大変なことになるかもしれませんよ。



おすすめの記事