未来に起こることに対して先に対策をうち、自分にとって有利に効率的に物事を進めることができる『あらかじめアンテナ』を紹介します。

そそっかしい人にはぴったりのひみつ道具です。

スポンサーリンク

あらかじめ準備します

いつもボサーッとしているのび太にドラえもんが出したのが『あらかじめアンテナ』というひみつ道具です。

のび太に暴言をはくドラえもん

グサリとささるドラえもんの言葉

ドラえもん11巻「あらかじめアンテナ」P121:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

これを頭につけていると、何か起こる前に自動的にその対策をうつことができるというスグレモノ。

例えば、

  • 転ぶ前に枕を用意しておく
  • 叱られる前にガムを耳に詰めておく
  • 服が濡れる前に替えのズボンを用意しておく

などです。

これから起こる未来の出来事(主に悪いこと)に対し、それを乗り切るための策をあらかじめ用意できるんですね。

考えようによってはものすごい便利なのですが、のび太のパパはこれで大恥をかいてしまったのです。

持っててよかった!が当たり前になる

人は誰でも「あー!持ってて本当によかった!」と感じるシーンがいくつかあるはず。

あらかじめアンテナはそれが毎回になります。

持ってなくて・用意してなくて後悔することが無くなります。

ネガティブな感情が発生する機会が減り、ストレスを感じづらいライフスタイルになるかもしれませんね。

用意のいい人=恥ずかしい?

のび太以上にそそっかしいのび太のパパは、大事なお客さんの家に訪問する前にドラえもんからあらかじめアンテナを借りました。

アンテナの効果でパパが事前に用意したのが次の3つ。

  1. 替えのズボン
  2. 望遠鏡
  3. 重箱

全く意味がわからないままお客さんの家に向かっていると、車が水たまりの水をはねてしまい、ズボンがビショビショになってしまったのです。

お客さんの家で替えのズボンにはきかえたところ、遠くで火事があったようで、持っていた望遠鏡が役に立ちます。

最終的には、お茶菓子で出されたお手製のおはぎがあまりにも美味しく、図々しくも重箱を差し出して持ち帰る始末。

用意のいいのび太のパパ

用意がよすぎである

ドラえもん11巻「あらかじめアンテナ」P128:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

「君は用意のいい人だ」と褒められたパパですが、内心かなり恥ずかしかったようです。

効率を求める人には最高のひみつ道具

日頃の生活で何もかも効率的に物事を進めたい人にとって、あらかじめアンテナはかなり魅力的な道具といえるでしょう。

無駄な動きを省けるだけでなく、これから起こる事象に対して全て完璧に前準備ができるわけなので、こんなにいいことはありません。

周りから白い目で見られる可能性はゼロではありませんが、効率性・生産性を求める人はそんなことも気にしないはずですしね。

見た目がおかしい

とはいえ、あらかじめアンテナの見た目はあまり良くありません。

そこそこの大きさがあるアンテナを頭に取り付けるため、見た目は最悪です。

あらかじめアンテナの見た目が目立つ

誰もアンテナに突っ込まないから不思議である

ドラえもん11巻「あらかじめアンテナ」P127:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

コミックで登場した時はわかりやすくアンテナの形状をしていると思われ、未来の科学技術であればもっとコンパクトに、目立たないような形で作ることも可能なはずですよね。

おすすめの記事