ブラックホールペンとホワイトホールペン

『ブラックホールペンとホワイトホールペン』で描いた丸で、物を吸い込んだり吐き出したりする効果があります。

重たい荷物はおまかせ

重たいカラオケセットを返しにいくお手伝いをさせられるのび太。

ドラえもんは『ブラックホールペンとホワイトホールペン』を取り出し、ブラックホールでカラオケセットを吸い込み、目的地でホワイトホールから取り出したのです。

カラオケセットを受け取るのび太

かなり重たそうだ

ドラえもん44巻「ブラック・ホワイトホールペン」P187:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

のび太が『ブラックホールペンとホワイトホールペン』をいたずらしているとドラえもんが吸い込まれてしまい、たまたまホワイトホールペンを拾った学校の先生によって助けられたのでした。

ホワイトホールから飛び出るドラえもん

間一髪たすかったドラえもん

ドラえもん44巻「ブラック・ホワイトホールペン」P191:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

2本でセット

『ブラックホールペンとホワイトホールペン』は2本そろって初めて効果を発揮するひみつ道具です。

ブラックホールペンで吸い込まれたものはホワイトホールペンの丸によって解放されますが、逆にいうとホワイトホールがないとずっとブラックホールに吸い込まれたままということ。

ドラえもんが運良く抜け出せたのはかなりの偶然だったといえます。

物を引き寄せる性質

ブラックホールペンで描いた丸は近くにあるものを何でも引き寄せて吸い込んでしまいます。

のび太のように手当り次第に使うのは危険を伴いますね。

よく考えると、丸を描いた本人も吸い込まれてもおかしくないのですが、効果が出始めるまでに若干のタイムラグがあるのでしょう。

ドラえもんは「使ったあとは丸を消しておくように」と言っていますが、消す作業そのものに大きな危険を伴うのです。

大きなものでも吸い込みます

『ブラックホールペンとホワイトホールペン』で描かれた丸は、例え小さい円であってもはるかに大きなものを吸い込みます。

ブラックホールに吸い込まれる

小さく圧縮されるようだ

ドラえもん44巻「ブラック・ホワイトホールペン」P186:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

吸い込む時に対象物を小さく縮小する機能があるようで、サイズは関係ないようです。



おすすめの記事