なんでも願いを叶えてくれる『ねがい星』。

これさえあれば正直やりたい放題です。

ところがこのねがい星、使う時にはちょっと注意しなければいけないひみつ道具なんです。

スポンサーリンク

勘違いをするねがい星

ねがい星にお願いすると、なんでもすぐにその場で叶えてくれるのですが、実はかなりの頻度で勘違いばかりしてしまう欠点があります。

お金が欲しいという願いに対してくず鉄ばかり出してしまったり、香水が欲しい時には洪水を出したり、見ているこちらが悲しくなってしまうほどです。

聞き間違いをするねがい星

スネ夫の怪我が心配である

ドラえもん10巻「ねがい星」P144:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

これでは安心して使うことができません。

とはいえ、ねがい星を有効活用する方法がないわけでもありません。

パターンを分析するしかない

ねがい星が勘違いするのであれば、いくつものパターンでねがい星を使い続けるのが最も近道です。

例えば『香水』と『洪水』を勘違いしたのであれば、今度は『行水(ぎょうずい)』や『王水(おうすい)』などでねがい星にお願いし、本当に香水が出るまで手当たり次第に試します。

お願いする人を1人に固定し、声を録音し、何度お願いしても同じ香水が出るようになったらその音声データをサンプルとして保管しておきます。

そうすることで、次回本当に香水が欲しい時はその音声を使えば確実に香水を手に入れることができます。

注意しなければならないのは、ねがい星は勘違いする点です。

今回はちゃんと香水が出たのに、次は全く別のものを出す可能性がゼロではありません。

そこは根気よくサンプルを収集し、いくつものパターンを分析し、確立を高めていくしか方法はありません。

そもそも何もせず楽して願いを叶えてもらおうとしているのであれば、これくらいの努力は必要だと思います。

善人にはいい結果がきやすい?

ねがい星は、もともとドラえもんが処分しようとしていたのをのび太がこっそり持ち出したひみつ道具です。

それをジャイアンとスネ夫が横取りし、散々な結果になったわけですね。

その恨みを晴らすべく、スネ夫はのび太の部屋の中に雨を降らそうとねがい星にお願いしますが、結果的に大量の飴が降り注いだのでした。

飴が降り注ぐのび太の部屋

食べきれないほどの雨に喜ぶ二人

ドラえもん10巻「ねがい星」P145:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

悪人(ジャイアン、スネ夫)には鉄槌が下され、善人(のび太、ドラえもん)にはいい結果が訪れるという構図になりましたね。

ドラえもんは子ども向けマンガなのでこういう終わり方で全く問題ないのですが、ねがい星が善人と悪人を見分けているとは正直考えづらいものがあります。

やはりさっき紹介したパターン分析を繰り返すことで精度を高め、意のままにねがい星を使えるようになれば最強かもしれませんね。

おすすめの記事