水をかけると膨らみ、乾燥すると縮む『ひものゆうれい』です。

見た目はかなりインパクトのある怖い姿をしていますが、扇風機の風で吹き飛ばされてしまうなど弱い面もあります。

人を驚かせる意外に特徴はなく、肝試しなどで使うと良さそうです。

スポンサーリンク

のび太の不法侵入

のび太が秘密基地として空き家を使っていたところ、新しい住民が引越してくることになりました。

せっかくのプライベートな場所が無くなってしまうのび太は、住民を驚かせて立ち退かせてやろうというものすごい企みを考えます。

不法侵入するのび太

子どもならワクワクするシーン

ドラえもん12巻「ゆうれいの干物」P88:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

でもこれ、子どもだから許されるかもしれませんが、立派な不法侵入罪です。

空き家とはいえ誰かが管理している家ですし、そこに勝手に入り込んで秘密基地として使うのはまずいですね。

『ひものゆうれい』とともにのび太の代わりに空き家に乗り込んだドラえもんですが、頼りにならないひものゆうれいに業を煮やし、結局かえってきてしまったのでした。

ひものゆうれいを使って疲れたドラえもん

もっともな発言である

ドラえもん12巻「ゆうれいの干物」P93:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

簡単な命令はききます

水をかけると膨らむ『ひものゆうれい』は、『いけ』『まて』などの簡単な命令なら聞きます。

命令をきくひものゆうれい

シンプルに命令しよう

ドラえもん12巻「ゆうれいの干物」P92:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

自分から相手を驚かせたり、危害を加えることはありません。

ひものゆうれいを何体か用意して一斉に並べると、かなり迫力のあるシーンになるでしょう。

水がないと使い物にならない

『ひものゆうれい』はあくまでも干物なので、普段はシワシワです。

使うためには水でふやかす必要がありますが、時間がたつと乾燥してしぼんでしまいます。

子どもが遊びで使うおもちゃにはピッタリかもしれませんが、お化け屋敷などで使おうとするならば常に水分を絶やさないように注意する必要がありますね。

見た目のインパクトがすごい

ひものゆうれいを初めて見たのび太が驚いて布団を飛び出した様子からもわかるように、なかなかインパクトの強い見た目が特徴です。

これがいきなり現れたら誰でもビックリしますよね。

子ども向けのマンガながら、後々トラウマになってしまいそうなビジュアルです。

ドラえもんは高級ロボット

ひものゆうれいを仕掛けていたドラえもんから、驚きの発言があります。

「ぼくぐらい高級なロボットになると、蚊が刺すんだよ」

蚊に刺されるドラえもん

ドラえもんの衝撃的な発言

ドラえもん12巻「ゆうれいの干物」P92:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

そう、ドラえもんは蚊に刺されるようなんですね。

ロボットには血液がないはずなのに蚊が近寄ってくるということは、蚊が探知できる二酸化炭素だったり特殊な要因があるはずです。

のび太の元にやってきたドラえもんは、それはそれは高級なロボットとしてのび太の成長を見守る役割を果たしていくのです。

おすすめの記事