対象の人物の背丈や格好はもちろん、持ち物や服装までそっくり似せて変身するのが『ヒトマネロボット』です。

専用のマイクを通せば会話もでき、声までそっくりになってしまうのが特徴で、上手に使えば有効的なロボットといえるでしょう。

スポンサーリンク

仲を取り持ったヒトマネロボット

のび太のパパとママのプロポーズの現場に立ち会うことになったドラえもんとのび太。

二人のちょっとした勘違いがきっかけに、若かりし頃のパパとママが喧嘩別れしそうになるシーンでした。

ドラえもんが出したヒトマネロボットのおかげで仲直りした二人は、そのまま結婚の流れにつながっていくことになるのです。

そう、ドラえもんとのび太、そしてヒトマネロボットは、パパとママを結びつけるきっかけになっていたんです。

声はマイク、動きは自分で判断

ヒトマネロボットは姿かたちこそそっくりに変身できますが、自分で話すことができません。

そこで専用のマイクを通して近くで誰かが声の代わりをする必要があります。

声に併せてヒトマネロボットが身振り手振りを入れるので、周りから見ている人からすると本人そのものに見えてしまうんですね。

かなり表情豊かに表現しているシーンもあるため、ヒトマネロボットが声を認識して感情を表現する力は相当なものがあると思われます。

今のロボット技術では敵わない

ヒトマネロボット並みの精巧なロボットは、現代の技術でも作り出すことはできません。

AIが発達してきているとはいえ、姿かたちをすっかり本人のように変えてしまい、声こそ誰かが吹き込む必要があるものの、誰が見ても違和感がない動作をするまでの仕上がりにするには、今後何年かかるのでしょうか。

現代での活用法

もしヒトマネロボットが現代にあったとすると、色々な活用法が考えられるでしょう。

自分の代わり

面倒くさい学校の授業やテストに、自分の代わりとして出席してもらうのはどうでしょうか。

声を発しないテストだとバレる可能性は低いですが、ヒトマネロボットが自分で判断して問題を解けるかどうかは疑問が残ります。

自分のマネキン代わり

服屋に一緒に連れていって、自分そっくりに変身させて服を着させることで、自分に似合っているか、大きさはどうかなど確認できますね。

自分の目で客観的に判断できるのが嬉しいポイントです。

好きなアイドルを自宅に!

ヒトマネロボットを、テレビに映っているアイドルに変身させれば、憧れのあの人が自分の部屋にいることに!

声は出ませんが、ずっと眺めているだけでも幸せな気分になりますね。

指名手配犯の捜査

顔写真がわれている犯人であれば、「こんな見た目をしています」と、ヒトマネロボットを変身させることで、よりリアルな情報を届けることができます。

意思を持ってないことが幸いか?

見た目を他人そっくりに変えられるヒトマネロボットですが、もしドラえもんのように自分の意思を持つと大変なことになるかもしれません。

他人に変身すれば、周りから見れば本人がそこにいるように思われてしまいます。

あらぬ噂が立ったり、もし悪意を持ってしまえば犯罪にだって使われかねません。

コミックに登場した設定では、あくまでも使用者(ドラえもん)の命令を聞いて変身し、マイクを通さなければ声も出ない仕組みなので問題なさそうです。

もし今後実現するようなことになれば、便利すぎる点にも注意を払う必要がありそうですね。

おすすめの記事