すぐれた推理力で難事件をバシバシ解決するシャーロックホームズのようになれる『ホームズセット』です。

さえわたる頭でずばり推理してみましょう。

スポンサーリンク

珍しく本に夢中になるのび太

しずかちゃんの家にあったシャーロックホームズの本に夢中になったのび太。

普段は活字本を手に取ると頭痛がして数ページ読むだけで意識不明になるはずののび太なんですが、この時はよほどシャーロックホームズが面白かったんでしょうね。

いつか彼のように名推理を繰り広げたいと夢見るのび太のもとに、とある重大事件の話が舞い込んできました。

ダイヤを盗んだのは誰だ?

困っているのはしずかちゃん。

家中をひっくり返して探しものをしていました。

「ダイヤが盗まれたに違いない!」

そう確信したのび太は、ドラえもんからホームズセットを借り、犯人探しを始めます。

犯人は・・・のび太?

ホームズセットで推理すると、なぜか毎回のび太が犯人という結果が出ます。

ダイヤなんか盗んでない!そう言い張るのび太ですが、実はしずかちゃんが探していたものはダイヤではなく、シャーロックホームズの本ということが判明!

そう、のび太が無我夢中で読みふけっていた本はしずかちゃんが図書館から借りた本で、それが見当たらなくて困っていたんです。

本が面白いあまり、しずかちゃんの家から気付かないうちに持ち出していたのび太。

ドラえもんにシャーロックホームズの魅力を熱弁するうちに本がどこかにいってしまったのです。

のび太のノリツッコミが見もの

コミックの中で、のび太がノリツッコミをする珍しいシーンが見られます。

それがこちら。

ノリツッコミするのび太

ノリとツッコミ、すべてのタイミングがバツグン

ドラえもん3巻「シャーロック・ホームズセット」P44:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

推理ぼうがのび太に言葉を喋らせているようにも見えますが、のび太のテンポの良さと絶妙な反応がおもしろいコマですね。

ホームズセットの実力

最終的に本が見つかってめでたしめでたしなわけですが、ホームズセットの実力が証明された事件でもありました。

ホームズセットは、

  1. 手がかりレンズ
  2. 推理ぼう
  3. レーダーステッキ
  4. ズバリパイプ

の4つのひみつ道具で構成されています。

手がかりレンズ

事件の手がかりになるものだけ見える虫眼鏡の形をしたレンズ。

推理ぼう

頭にかぶり、ツバを上に向けると頭が冴え渡って推理できる

レーダーステッキ

犯人がいる方向に倒れるステッキ

ズバリパイプ

犯人の頭上で破裂するシャボン玉のような物体を出すパイプ

どれも子どものおもちゃのように見えますが、今回の事件でその実力はしっかり証明されています。

現代でも未解決の事件はたくさんあるので、ホームズセットを使えば事件解決は約束されたようなものですね。

上手に使い分けよう

ホームズセットのズバリパイプ(犯人の頭上で破裂するシャボン玉のようなものを出すひみつ道具)があれば、どんな事件も解決するのでは?と感じる人もいるでしょう。

ちゃんと犯人がいればズバリパイプだけで十分かもしれませんが、犯人がいないような事件、例えば「逃げた犬はどこにいるの?」なんかの場合はレーダーステッキが活躍しそうです。

事件の種類に合わせて上手に道具を使い分けるのがコツですね。

おすすめの記事