種を植えると、瞬時にクリスマスツリーが生えてくる『インスタントツリー』の紹介です。

スポンサーリンク

クリスマスに大活躍

煙突の形を植木鉢に専用の種を植えると、あっという間にクリスマスツリーが生えてくる便利なひみつ道具。

しかもツリーはすでに飾り付けが終わった状態で生えてくるので、あれこれデコレーションを考える手間もありません。

クリスマス時期は大いに活躍してくれることでしょう。

狭い家だと邪魔になるかも

友だちのあばら谷くんの家でクリスマスパーティーを開催することになったのび太たち。

実はあばら谷くんの家はとても狭く、家族だけで足の踏み場もないほどに窮屈なところだったのです。

そんな場所では、のび太たちはおろか、クリスマスツリーなんて置ける余裕があるはずもありません。

結局ドラえもんが出した『重力ペンキ』を使って問題は解決されるわけですが、場所を取るクリスマスツリーは、レイアウトも考える必要がありますね。

インスタントツリーの高さと重さ

成長したインスタントツリーの高さは、およそ160cmほど、重さは5kg前後といったところでしょうか。

もちろんこれらの数字は公式に発表されているわけではないのですが、コミックのコマからある程度推測することができます。

高さ

インスタントツリー

夢のある道具

ドラえもん5巻「重力ペンキ」P22:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

にょきにょきと生えてきたクリスマスツリー。そして隣に立つドラえもん。

ドラえもんの身長は129.3cmなので、それよりも背が高いクリスマスツリーなので、だいたい160cmと計算しました。

重さ

インスタントツリー

どうして種のまま持ち運ばないのか

ドラえもん5巻「重力ペンキ」P22:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

成長したクリスマスツリーを背負うドラえもんが一言「おもいよ」。

ドラえもん1人でおんぶしていますが、重いと言いながらもその後ずっと1人で持ったままです。

すぐに腕が疲れるレベルではなく、長時間持ち続けることができる重さでいえば、5kg前後が妥当かなと判断しました。

処分はどうするのか?

クリスマスが終わればツリーは片付けてしまいますが、インスタントツリーはどうすればいいのでしょうか。

ドラえもんのひみつ道具は基本的に使い捨てのものが大半を占めるため、インスタントツリーも同じように使い捨てだと思われます。

成長しても1日で枯れてしまうか、元の種の状態に戻ってしまうかと想像されます。

自由自在にツリーを出し入れすることができれば、片付けも準備も手間いらずのインスタントツリーは大きな需要があることでしょう。

形が似たひみつ道具

コミック19巻に登場する『サンタえんとつ』が、インスタントツリーに非常に似た形をしています。

サンタえんとつ

これも夢のある道具

ドラえもん19巻「サンタえんとつ」P154:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

自分が欲しいものを紙に書き、この煙突に入れると、それが手に入るという夢のようなひみつ道具です。

やはりクリスマス関連のひみつ道具は、煙突がモチーフになることが多いようですね。

クリスマスの盛り上げ役にぴったり

種を植えてお手軽にクリスマスの雰囲気を楽しめるのがこの道具のいいところです。

とはいえ、家族や友だちとワイワイ言いながらツリーの飾り付けを楽しみたい人もいることでしょう。

時と場合に応じて、急にツリーが必要担った時はインスタントツリーで、余裕がある時は通常のツリーで対応するなど使い分けてもよさそうです。

おすすめの記事