コンチュー丹

飲むと昆虫の力が身につく『コンチュー丹』。

これさえあれば怖いものなし!と思いがちですが、実は意外な弱点もあるんです。

大変身!のび太

いつもジャイアンとスネ夫にいじめられてばかりののび太は強くなりたいと願います。

そこでドラえもんが出したのは『コンチュー丹』。

これを服用することで昆虫の力が身につくのです。

コンチュー丹の効果

虫の力はあなどれない

ドラえもん19巻「無敵コンチュー丹」P146:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

昆虫は自分の体よりも何倍も大きなものを動かす力があり、人間では到底たちうちできないような物凄い能力があるのです。

昆虫の力を手に入れて無敵になったように思われたのび太ですが、実は虫取り網や殺虫剤に弱いという弱点もあり、世の中なかなかうまいことはないなぁと思わせてくれるひみつ道具なのです。

昆虫の力

『コンチュー丹』を飲んで得られる力は次の4つ。

  1. チョウの飛ぶ力
  2. ハチの刺す力
  3. アリの怪力
  4. カブトムシの硬さ

色々な昆虫のいいとこ取りが出来るので、効果が出始める頃には最強の人間に成長していることでしょう。

のび太がジャイアンやスネ夫をひとひねりで倒してしまうほどの力があります。

ジャイアンを投げ飛ばすのび太

これにはジャイアンもびっくりだ

ドラえもん19巻「無敵コンチュー丹」P152:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

効果が出るまで時間がかかる

『コンチュー丹』を飲んですぐに効果が現れるわけではありません。

約1日ほど、本物の昆虫のようにマユの中で成長する時間が必要なのです。

この時間をデメリットと捉える人もいるでしょう。今すぐに力が欲しい人には向かないひみつ道具ですね。

さらに、成長しきるまでの間は本物の虫のように葉っぱを食べたくなる副作用もあります。

体の中でどうやって消化されているかは不明ですが、コミックではのび太が葉っぱをむしゃむしゃ食べる姿が描写されています。

葉っぱを食べるのび太

体への影響はないのだろうか?

ドラえもん19巻「無敵コンチュー丹」P149:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

寝ている間にマユができ、その中で成長しているのですね。

何も知らない人に見られると、ちょっとした騒動になりそうな気がします。

持続時間は不明

昆虫の力を手に入れて無敵でいられる時間は公表されていません。

この後も別の回ではのび太は相変わらずドジなままので、いつかどこかのタイミングでコンチュー丹の効果は切れてしまうのだと思われます。



おすすめの記事