雲を固定するロープ

空で固めた雲が流れていかないよう位置を固定する『雲を固定するロープ』です。

ドラえもんたちの空の憩いの場所として使われてました。

空の王国、ここにあり

家の近所の騒音に悩まされるドラえもんとのび太。

空に浮かぶ雲を固め、施設を建築し、雲の王国を建設しました。

雲の王国をつくったドラえもんとのび太

子どもたちで作り上げたとは思えない豪華さである

ドラえもん34巻「ひるねは天国で」P162:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

雲が風に流されないように固定するために『雲を固定するロープ』で地上の木と結び、楽しい時間を満喫しています。

ところがこの雲、固定されてしまうと地上がスッポリ影に覆われてしまい、日が差さなくなって大変困っているではありませんか!

固定された雲は影をつくる

たしかにこれは邪魔になる・・・

ドラえもん34巻「ひるねは天国で」P158:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

住民が雲の王国に押しかけて幕を閉じました。

頑丈さはピカイチ

街一体を覆う大きさの雲をがっちり固定するだけの強度がある『雲を固定するロープ』は、かなり頑丈であることが推測されます。

そもそも雲の重さというのも不明ですが、風を受けて流れる雲を固定するとなれば並大抵のロープでは対応できないでしょう。

自動的に巻き付く機能あり(予想)

ドラえもんが雲の上から投げたロープは木に巻き付きました。

この時、ドラえもんものび太の雲の上にいて、他に誰かが下で木にくくりつけた様子はないため、『雲を固定するロープ』は自動的に対象物に巻き付く機能があるものと思われます。

雲から地上まではかなり距離があるため、それを想定して作られているのでしょうね。

雲の王国(大長編)では使われず

大長編『のび太と雲の王国』も雲を舞台にした物語ですが、『雲を固定するロープ』が登場することはありませんでした。

雲は固定されず、風の向くまま流されていましたね。



おすすめの記事