本物の原子力潜水艦と同じ強度を持つ『ミサイルつき原子力潜水艦』というひみつ道具です。

もちろんこれはおもちゃですが、さすが未来の道具、クオリティの高さに圧倒されます。

スポンサーリンク

戦争とはむなしいものである

お小遣いをため、のび太が苦労のすえに手に入れた船のラジコン。

意気揚々と川で進水式をしていると、そこにスネ夫が持つ戦艦大和のラジコンが登場します。

船のラジコンが戦艦大和に沈められるシーン

明らかに大きさが違う戦艦大和のラジコン

ドラえもん14巻「ラジコン大海戦」P161:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

のび太のラジコンに体当たりして川の底に沈められたり、スネ夫のいとこにミサイルで攻撃されたり、とにかく骨川一族の汚いやり方が目立ちます。

さすがのドラえもんも堪忍袋の緒が切れ、取り出したのが『ミサイルつき原子力潜水艦』です。

小さくても実際に乗り込んで操縦できる性能があり、さらに本物の原子力潜水艦と同じぐらいの強度もあります。

本物の潜水艦と同じ強度を持つミサイルつき原子力潜水艦

すでにおもちゃの域を越えている

ドラえもん14巻「ラジコン大海戦」P175:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

スネ夫が乗るボートを見事に撃沈したドラえもんとのび太ですが、この時戦いに破れたスネ夫といとこが発した「戦争とは金ばかりかかって、むなしいものだなぁ」という言葉が印象的です。

おもちゃと侮ることなかれ

ラジコンとはいえ、自分達が実際に乗り込んで操縦できるとは、さすが未来のひみつ道具です。

ミサイルを搭載し、高い強度がある『ミサイルつき原子力潜水艦』は、ひょっとすると本物の戦争においても実用的かもしれません。

見た目がおもちゃなので敵の目を簡単にあざむくことができますよね。

油断したところ不意打ちをかまして大勝利!なんて構図が目に浮かびます。

骨川一家の汚いやり方

今回の騒動の発端は、スネ夫が自慢のラジコンをのび太のラジコンにぶつけて沈めたところから始まります。

悪びれた様子を一つも見せず自分の話ばかりするスネ夫。

そして海戦が始まったことを聞くやいなや、車を飛ばして飛行機のラジコンを使って船を撃沈したスネ吉(スネ夫のいとこ)。

骨川一家は根本的にひねくれた性格を持っていることがここからわかりますね。

自分たちさえ楽しければそれでいい。

こんな考え方をする限り、いつまでたっても憎まれ役になることに気付いていないのでしょう。

おすすめの記事