タイムベルト

『タイムベルト』を使うと、今いる場所はそのままで過去・未来の時間を越えて移動することができます。

タイムマシンの一種として使うことができます。

巨大ガメから逃げろ!

『魚や貝は、はるか昔は陸の生き物だったのである』というのび太なりの学説を証明するため、タイムマシンで1億年むかしの世界にやってきたドラえもんとのび太。

実はそこは海の底だったということがわかったのですが、ひょんなことから2人は、太古の孤島で遭難してタイムマシンを見失ってしまったのです。

タイムマシンの入り口を見失い、小島に打ち上げられたドラえもんとのび太

明らかに怪しい小島だが・・・

ドラえもん17巻「大むかし漂流記」P37:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

実はこの島、凶暴な肉食ガメの甲羅だったことが判明し、必至に泳いで逃げるドラえもんとのび太。

腰に巻いていたタイムベルトを使い、間一髪のところで現代の世界に逃げ帰ることができたのでした。

肉食ガメから逃げ切ることができたドラえもんとのび太

緊迫の太古の舞台は、現代ではスネ夫の庭になっていた

ドラえもん17巻「大むかし漂流記」P50:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

場所はそのままで時間移動

『タイムベルト』はタイムマシンの一種です。

時代旅行をすることができますが、タイムマシンとの違いは場所を指定することができない点です。

今いる場所はそのままで、時間だけ行き来するため、ドラえもんたちのように太古の時代に移動する時は、その場所が海の底になっている危険性を考えておく必要があります。

太古の海の底を泳ぐドラえもんとのび太

太古の海にロマンを感じる

ドラえもん17巻「大むかし漂流記」P41:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

考え方を変えれば、そんな何千年も昔の世界にでも行かない限りは、とてもお手軽に時間移動が可能な便利なひみつ道具といえます。

タイムマシンとどっちが便利?

5人〜6人の大量の人を一度に運ぶことができ、場所を細かく指定することができる『タイムマシン』。

移動は1人だけど、大掛かりな乗り物を必要とせず、腰に巻いて指示するだけで時間移動ができる『タイムベルト』。

目的は時間移動ですが、持ち運びのしやすさだったり使い勝手の良さを考えると、タイムベルトに軍配が上がるかもしれませんね。

タイムマシンは駐車しておく場所を確保する必要があったり、出入り口が一箇所に制限されるなど制約があります。

一方のタイムベルトは、腰に巻いておけばいつでもどこでも気軽に使うことができ、時間移動の機能は同じ。

人数分のベルトを用意する手間はあるものの、便利さでいえばタイムベルトがいいでしょう。

誤作動、注意

タイムベルトは近くにいる人の声を認識し、指定の時間に移動します。

次のコマでは、ドラえもんの声に応じてドラえもんとのび太2人のタイムベルトが同じように反応していることがわかります。

タイムベルトに指示するドラえもん

命からがら逃げ切る、危機一髪!

ドラえもん17巻「大むかし漂流記」P49:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

このことから、タイムベルトは他人の声に反応して意図しない時間帯に強制的に飛ばされてしまう恐れがあることがわかります。

タイムベルトを使う時には周囲の声に注意を配る必要がありますね。



おすすめの記事