透明人間になりたいというのび太の希望を叶えるべく、ドラえもんが出した道具が『見なくなる目ぐすり』でした。

しかし実はこれ、ドラえもんの大きな勘違いによって全く異なる効果がある道具だったのです。

スポンサーリンク

のび太が見えなくなる目ぐすり

ジャイアンに貸した本をいますぐにでも取り返したいのび太は、こっそりジャイアンの部屋に忍び込むための道具として透明人間になれる薬をドラえもんに要求します。

年末の忙しさでバタバタしていたドラえもんが出した『見なくなる目ぐすり』。

ネーミングだけ見るといかにもそれっぽい道具ですが、実は目ぐすりを使った本人の視界に他人が入らなくなる効果だったのです。

要するに、のび太からは他人が見えず、でも他人からはのび太が見えるという具合ですね。

のび太にとってはまるで世界からこつ然と人が消えてしまったかのように見えますが、それはのび太の大きな勘違いだったというわけなのです。

見えなくなる目ぐすりの効果

ものすごい表情である

ドラえもん10巻「見えなくなる目ぐすり」P42:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

すっかり透明人間になったと勘違いしているのび太は、さっそくジャイアンの家から本を取り返すべく、家を出るのでした。

のび太が善人でよかった

もしあなたが透明人間になることができたら、いったい何をしますか?

普通の人だったら良からぬことを考えそうなものです。

こっそり誰かのプライベートの場に忍び込んだり、透明なのをいいことにイタズラしたり、概して人間とはそういうものです。

のび太が透明人間になった目的は、あくまでもジャイアンから本を取り返すことでした。

物語の中でのび太はジャイアン宅に向かって目的を達成するのですが、その途中でしずかちゃんのお風呂をのぞいたり、友達にイタズラしたりなどは一切しませんでした。

見えなくなる目ぐすりを悪用しないのび太

ジャイアンの家をなんだと思っているのか

ドラえもん10巻「見えなくなる目ぐすり」P44:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

善人ののび太だからこそ目的以外のことには一切目もくれず、ただひたすらにまっとうしたのでしょう。

さすがに小学生向けの雑誌に掲載するのにふさわしくない内容のことはやらないでしょうしね。

見えなくなる目ぐすりの使いみち

あまり使いみちがないようにも思えるこの道具ですが、集中して勉強や作業したい時には役立ちそうです。

混雑した図書館でこの目ぐすりを使えば、周りがガラーンとして広々した空間でゆっくり勉強や読書に集中できますね。

ただし、自分から見えなくなるだけで、あくまでも他人はそこに存在していますので、歩いている途中でぶつかったりしないよう注意が必要です。

見えなくなる目ぐすりで周囲が見えないのび太

これはさすがに誰でも驚く

ドラえもん10巻「見えなくなる目ぐすり」P41:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

のび太の素直さも心配になる

のび太は結局最後の最後まで目ぐすりの秘密に気付くことはありませんでした。

人が急にいなくなったのは目ぐすりのせいではなく、単純に人が出かけてしまっただけだと思い込みのび太の素直さは、ちょっと心配にもなりますね。

いつもと状況が違えば「おかしいな?」と少し考えそうなものですが、そこは安定ののび太、そういうものだと思いこんでしまうわけです。

素直なのび太の良い点とも悪い点とも取れる今回の件。

いや、だからこそ多くの人にその純粋さを好かれ、みんなのアイドルしずかちゃんを射止めるだけの魅力につながっているのかもしれませんね。

のび太から学ぶことがたくさんありそうです。

おすすめの記事