『マジックハンド』を手袋のように手につけると、少し離れた位置から相手を殴ったり、物をつかんだり、まるでエスパーのような力を得ることができます。

スポンサーリンク

調子に乗ったのび太

ジャイアンに仕返しをするためにドラえもんから『マジックハンド』を借りたのび太。

しかしドラえもんはどこか浮かない表情をしています。

マジックハンドを使うのをためらうドラえもん

マジックハンドは気乗りしないドラえもん

ドラえもん13巻「マジックハンド」P87:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

そう、のび太がマジックハンドを使って悪巧みをすることを心配しているのです。

遠く離れた位置からジャイアンをボコボコにして仕返しが済んだはずののび太ですが、のび太の悪いクセが出て調子に乗り始めます。

マジックハンドを返さないどころか、しずかちゃんやスネ夫、ママに対していたずらを仕掛けるのです。

マジックハンドでしずかちゃんをくすぐるのび太

隠れてそれをやるのは卑怯だ、のび太。

ドラえもん13巻「マジックハンド」P91:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

その様子を見たドラえもんは最終手段として『マジックおしり』を使い、遠く離れた位置からのび太のおしりをペンペン叩いてこらしめたのでした。

万能なマジックハンド

マジックハンドを手に着けている間は常にマジックハンドの効果が現れます。

自分より少し離れた対象物に『触れる』『持ち上げる』『つかむ』などが可能で、ほとんどの動作を魔法使いのようにこなしてしまうのです。

相手に向かって手をかざすだけで目の前に見えない壁が作られ、相手はそれ以上進むことができなくなります。

マジックハンドで作る見えない壁

片手で余裕でドラえもんを止めるのび太

ドラえもん13巻「マジックハンド」P90:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

物陰に隠れながら殴ったり、相手の体をさわったり、マジックハンドがあればやりたい放題!

ドラえもんは、のび太がマジックハンドを使うとあまりにも便利で優秀なひみつ道具なので、必ず調子に乗って悪いことに使うと予感していたのです。

余計な力いらず

マジックハンドを使えば、自分の能力以上の力で相手をねじふせることも可能。

ドラえもんを片手で止めてしまうシーンを見てもわかるように、のび太はあくまでも平静を装ってドラえもんの突進を片手一本で抑えています。

本来ののび太は力も弱く、体重129.3kgのロボットを静止させることなどできっこありません。

マジックハンドを使えば本来の数倍の力が得られると考えられ、ますますのび太を調子づかせる要因になったのでしょう。

ドローンと組合せられたら?

最近はドローンを使っての動画撮影が人気ですが、もし現代にマジックハンドがあるとどうなるでしょうか?

これは予想ですが、ドローンカメラで遠くの様子を映像で見つつ、モニターの前でマジックハンドを使ってカメラに写った人にイタズラすることができるかもしれません。

空中散歩を楽しみつつ、マジックハンドで空から大規模な影響を与えることだって、のび太ならやりかねません。

マジックハンドは他のひみつ道具と組合せて考えると、その可能性が無限に広がりますね。

おすすめの記事