犬の鼻の嗅覚力は、およそ人間の1万倍と言われています。

そんな犬の強い嗅覚を身に付けられる道具があったらかなり便利ですよね。

今回はそんなことができてしまうひみつ道具『強力においついせき鼻』の解説です。

スポンサーリンク

本編での使われ方

いい事をすると必ず感謝されてお礼をしてもらえる『ウラシマキャンデー』を舐めたのび太。

お金持ちの夫人が持っていた高価な甕(かめ)を破損から守ったのび太はお礼のために家に呼ばれ、ご馳走を食べたりその家の娘の姫子さんの踊るバレエなどを見たり、楽しい時間を過ごしていました。

しかしキャンデーの効果は凄まじく、夫人たちのお礼のおもてなしは尽きることなく、ご馳走も食べきれなくなってしまい、帰らないといけない時間になっても帰してくれません。

帰さないように靴を隠そうとまでしたのは驚きです。

のび太の帰りが遅いことに対してママがカンカンになっている様子を見たドラミちゃんは『強力においついせき鼻』でのび太の居場所を探し、夫人の家を発見し、のび太を見つけ出すことができたのでした。

のび太の匂いを追跡するドラミちゃん

犬型ロボットドラミちゃん

ドラえもん9巻「ウラシマキャンデー」P84:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

もしも現実にあったら

『強力においついせき鼻』が現実にあったとしたら、においで人を追跡できるとなると、使われるのはやはり警察関連でしょう。

人間であっても警察犬と同じ役目ができるという事は、それだけで警察の仕事が捗るというものです。

特に迷子を捜したり、人命救助や行方不明者の捜索が大いに進む事は間違いなしかと思います

臭いで追跡するものであれば、人に限った事ではありません。

最近は麻薬や輸入禁止物を臭いで探知する犬も活躍しているので、そういった場面でも活躍ができると思われます。

人間である分、何の匂いであるかをその場できちんと把握できるという点もポイントが高いところです。

警察関連以外であれば、今回のドラミちゃんのように、単純に人探しの道具として使う事が出来るでしょう。

ドラミちゃんが使うとかわいい

犬の鼻のような形をしている『強力においついせき鼻』。

鼻と口の部分を覆うような形をしているのが特徴的ですが、ドラミちゃんがこれを使うとかなりかわいい見た目になります。

犬の鼻をしたドラミちゃん

こういうキャラがいても違和感がない

ドラえもん9巻「ウラシマキャンデー」P85:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

猫型ロボットが犬の鼻を付けるというなんともシュールな一コマですが、ドラミちゃんファンにとっては胸キュンなシーンともいえるでしょう。

似たような道具

人を探す道具はドラえもんに数多く登場します。

コミックス第19巻『人探しがさ』は傘の上に矢印が付いていて、この矢印が探している人間の位置を示し、その人のところまで案内してくれるようになっています。

『のび太と鉄人兵団』を始めとして、なぜか大長編で出番の多い『探し物ステッキ(作品によっては尋ね人ステッキ)』は俗にいう棒倒しのひみつ道具版です。

人や物、動物を探しているとき、このステッキを地面に突き立てて手を放すと、目当ての人や物がいる方向に向かって倒れるようになっています。

しかしなぜか的中率は70%という、ひみつ道具にしては微妙なラインとなっています。

おすすめの記事