顔に塗り、丸いものを見るとおおかみ変身してしまう『おおかみ男クリーム』の紹介です。

遊びで使う分には十分ですが、とにかく丸いものならなんにでも反応してしまうのがちょっとむずかしいところです。

スポンサーリンク

のび太のママは怖い?

のび太が学校で書いた作文のテーマは『ぼくのこわいもの』。

おおかみ男が怖いという内容で書いていたのですが、途中から『それよりも怖いものはママの怒った顔です』と続いているではありませんか。

のび太のママの怒った顔

さすがにここまで怒られると大人でも怖い

ドラえもん11巻「おおかみ男クリーム」P44:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

なんとその作文をママ本人に見られてしまったからさぁ大変!

コテコテに怒られたのび太ですが、いくらなんでもおおかみ男のほうが怖いというドラえもんが実験用に出した道具が『おおかみ男クリーム』でした。

丸いものを見るとおおかみ男に変身する効果があり、持続時間はほんの数秒間だけ。

タネを知っていれば怖くもなんともないのですが、初めて見る人にとっては恐怖かもしれません。

遊びの場だけにしておくほうがいい

今回のストーリーでは、クリームを使った人は丸いものを見ると変身してしまうという設定になっています。

おおかみ男に変身するドラえもん

耳がなくなったドラえもんでも生えてくるようだ

ドラえもん11巻「おおかみ男クリーム」P45:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

ちょっと周りを見渡してください。

丸いものなんてありとあらゆるところに存在しています。例えば、

  • ジュースの缶
  • 鍵穴
  • キャラクターの顔
  • クッション
  • 電灯の形
  • など

もし現代におおかみ男クリームが存在していると、絶えずおおかみに変身しっぱなしといえるでしょう。

リアルな役作りにはちょうどいい

俳優や役者がおおかみ役を演じる時には重宝しそうです。

短時間でおおかみに変身できること、リアルな顔になることをいかし、演技中は丸いものが常に目に入るように工夫しておくだけでいいんですから。

強盗に襲われそうになるママ

怖いというよりもかわいい

ドラえもん11巻「おおかみ男クリーム」P50:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

おおかみの状態でも普通に会話もできるし、自由に動き回ることもできます。

性能はあくまでも人間のまま

本物のおおかみは優れた嗅覚とハンティング能力、俊敏な移動力がありますが、クリームを使っておおかみに変身したところで、その力が身につくわけじゃありません。

あくまでもベースは人間のままなので、見た目がおおかみそっくりに変身するだけです。

未来の子ども用に開発された可能性が高い

おおかみ男クリームがどういう目的で作られたか、ストーリーの中では触れられていません。

効果が極めて短時間であることと、おおかみ男という空想のキャラクターに変身することを考えると、おそらく未来の子どもが遊びで使うのでは?と想像できます。

クリームの効果を完全になくすためには洗顔が必要ですが、子どもへのしつけとして顔を洗う行為を覚え込ませるために、クリームを上手に活用するといいかもしれませんね。

おすすめの記事