A、B2つの磁石から成り、ボタンを押すとAとBの磁石がくっつく性質を利用し、どこにいてもBの位置に瞬間的に戻る(リターン)ことができる『しゅん間リターンメダル』を紹介します。

スポンサーリンク

野球で袋だたきののび太

運動オンチなのび太は、野球で出塁してもうまく走塁できずにチャンスをつぶしてしまいます。

そこでドラえもんが出したひみつ道具が『しゅん間リターンメダル』です。

2つの磁石がくっつくことを利用し、どれだけ遠く離れても瞬時に元の位置に戻れるようになったのび太。

試しにママで実験しても、絶妙のタイミングで勉強部屋にいるように見せかけます。

しゅん間リターンメダルを使って勉強しているように見せかけるのび太

道具の使い方に定評のあるのび太

ドラえもん13巻「盗塁王をめざせ」P130:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

これなら野球で盗塁王も目指せる!と意気揚々とゲームに挑んだのび太ですが、走塁中に転んだはずみでボタンを押してしまい、1塁に戻ってしまい、結局みんなからボコボコにされてしまうという残念なオチを迎えたのでした。

しゅん間リターンメダルで1塁に戻ってしまったのび太

ポケットに入れて使うのは危険が伴う

ドラえもん13巻「盗塁王をめざせ」P133:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

似たようなひみつ道具

しゅん間リターンメダルを使えば、Aの位置からBの位置に瞬間移動できます。

はこび矢』にも似たような性質があり、あらかじめ設置しておいた的に向かって空を飛んで移動することができましたよね。

移動の時間を考えると今回のしゅん間リターンメダルの方が便利かもしれません。

ただし、次のような注意点もあります。

範囲は100mまで

しゅん間リターンメダルを使って戻ってこられるのは周囲100mまでと決まっています。

それより遠くなるとボタンを押しても反応しません。

近くにいる人も巻き込んでしまう

ボタンを押した時に、体に密着するほど近くの距離に人がいると、その人まで一緒にA地点からB地点に移動してしまいます。

誤ってボタンを押してしまう

のび太のようにポケットにリターンメダルを入れておくと、もののはずみでボタンを押してしまい、意図していないタイミングでBの場所に移動してしまう恐れがあります。

使い所が難しい

色々な点を総合して考えると、しゅん間リターンメダルはなかなか使い所が難しい道具といえそうです。

野球をやっていれば盗塁のリードを思い切って取ることに使えますが、他ではどうでしょうか。

例えば100mおきにしゅん間リターンメダルを設置し、順番にボタンを押して少しずつ瞬間移動を繰り返して目的地まで移動するなんてこともできそうですね。

ただし、誰かがBメダルの位置を移動させてしまうとうまく働かなくなるため、目立たない場所に設置しておくことが重要ですね。

おすすめの記事