ロケット型のラジコンをリアルな操縦席から操り、搭載したカメラからはすべての景色を宇宙に見せてしまう『ロケットそうじゅうくんれん機』を紹介します。

現代版ドローンの進化版といったところで、リアルな宇宙空間を楽しむことができますよ。

スポンサーリンク

宇宙旅行とのび太

本を読んで宇宙旅行に興味を示すのび太。

ドジでのろまでおっちょこちょいなのび太に宇宙空間は難しすぎるというドラえもんが出したのが『ロケットそうじゅうくんれん機』です。

リアルな操縦席とラジコン型宇宙船がセットになっていて、ラジコンが映し出す様子はすべて宇宙空間として投影されます。

ロケット操縦訓練機の説明をするドラえもん

夢が広がる道具。まさにドラえもんという感じ。

ドラえもん13巻「ロケットそうじゅうくんれん機」P97:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

家にいながら宇宙旅行を楽しむことができるとのび太は大喜び!

街に出るといつもの景色とは一変し、スリルとエンターテイメントにあふれることばかり。

命からがらブラックホールから逃げ出したり、怒りっぽい怪獣から逃げたりしましたが、最終的にはラジコンを虫と勘違いしたジャイアンの手によって破壊されてしまいました。

虫だと思って円盤を破壊するジャイアン

ハエたたきでロケットを破壊するジャイアンの馬鹿力に注目

ドラえもん13巻「ロケットそうじゅうくんれん機」P102:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

ドローンの目指すべき進化系

最近はドローンが話題ですが、ロケットそうじゅうくんれん機はドローンの将来像のようなひみつ道具です。

操縦性能はもちろんのこと、仮想世界(宇宙空間)を体感できる機能はさすが未来の道具。

ドローンとVRが融合したような機能なので、近い将来おなじような発明があるかもしれません。

誰でもお手軽に遊ぶことができれば、爆発的なヒットを生み出すことでしょう。

操縦に注意

宇宙船型のラジコンが何らかの原因でこわれてしまうと、操縦席まで一緒に大爆発する仕掛けになっています。

円盤と一緒に大爆発してしまう操縦装置

この機能は必要だろうか?

ドラえもん13巻「ロケットそうじゅうくんれん機」P99:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

よりリアルな設計にするための仕掛けなのでしょうが、さすがにそこまでの機能は必要なかったかもしれません。

未来の道具なのでそうそう故障することはないにしても、不慮の事故の可能性も大いにあり、使用者の安全が保証されるわけではないということです。

問題は設置スペース

魅力的なロケットそうじゅうくんれん機ですが、問題は設置するスペースです。

下の画像を見ると、操縦席はドラえもんと同じ背丈なので129.3cmであることがわかります。

ロケット操縦訓練機の大きさ

立派な操縦席だが、どこに置くべきか。

ドラえもん13巻「ロケットそうじゅうくんれん機」P96:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

のび太の部屋いっぱいに広がった操縦席。

これを一般家庭に設置するのはちょっと無理があります。

ゲームセンターや大型施設の筐体として使うにはいいのかもしれません。

これがもう少しコンパクトになり、テレビ画面でも楽しめるようになれば理想的ですね。

おすすめの記事