決めたスケジュールを何がなんでもやり遂げたい人におすすめなのが『スケジュールどけい』です。

サボりがちな自分を変えたい、時間通りにテキパキ行動したい人、いませんか?

スポンサーリンク

予定管理は大切

日常の生活において、予定を決めて動くことはとても大事。

行き当たりばったりでは時間を無駄にするだけでなく、大した成果を上げられないこともあります。

いつもぼやぁっとして時間を浪費するだけののび太を真人間にするため、ドラえもんが出したひみつ道具が『スケジュールどけい』です。

ドラえもんは時間の大切さを教えようとしていたのですね。

強制的にスケジュールを守らせる

予定を書き込んだ紙をスケジュールどけいにセットすると、そこから厳しいスケジュール管理が始まります。

計画した時間になるとスケジュールどけいは鋭い針をした手で突き刺し、何がなんでもスケジュールを守らせるよう強制します。

逃げても隠れてもどこまでも追ってくるので、予定をこなすしかないのです。

ひみつ道具のスケジュールどけい

さぞかし痛いのだろう

ドラえもん3巻「スケジュールどけい」P56:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

ちょっと手荒な気もしますが、出来事を徹底的に管理するクセをつけるためには、多少の荒療治が必要なのかもしれません。

予定のセットの仕方に注意しよう

スケジュールどけいを使う場合、予定のセット方法が肝心です。

予定を書いた紙をセットした人に守らせるよう機械が認識しているので、誰かの予定を自分がセットすると大変なことになります。

コミックでは、本来はのび太が守るべきスケジュールを誤ってドラえもんがセットしたからさぁ大変。

のび太が計画していた野球やテレビ、なんとトイレの時間まで全てドラえもんが行動しなくてはいけなくなりました。

ドラえもんがトイレ

原子炉を持つドラえもんは排泄は不要

ドラえもん3巻「スケジュールどけい」P56:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

無茶な予定は入れないこと

張り切りすぎて無茶な予定を入れるのは止めておきましょう。

どんなに辛くても、しんどくても、スケジュールどけいがある限り全ての予定をこなす必要があります。

雨でも野球をやるし、おやつがなくてもおやつを食べるフリをしなくてはいけない、テレビが壊れていても見続けなければいけないのです。

スケジュールに余裕を持ち、しっかり休憩時間をはさみ、余裕のある計画を立てることをおすすめします。

優秀な目覚まし時計

使い方を誤ると大変なことになるスケジュールどけいですが、目覚まし時計にぴったりだと思いませんか?

起きたい時間を設定しておけば、どんな手を使ってでも起こしてくれるわけです。

二度寝しようものなら針こうげきが待っていますし、痛みで目が覚めて寝過ごす心配もありません。

慣れてくると、設定した時間になる前に自然と目が覚めるようになるのではないでしょうか。

自己管理したい人にピッタリ

徹底的に自己管理したい人はスケジュールどけいがピッタリです。

学校の時間割のようなもので、はじめから予定が決まっていれば余裕を持って準備ができるし、時間を効率的に使うことができます。

人生もそれと同じようなもので、1日の流れを計画し、1ヶ月を計画し、人生を計画して生きるのです。

自分が決めた通りに人生が進みはじめると面白いと思いませんか?

ドラえもんは子ども向けの漫画と思われがちですが、大人が読んでもたくさんの気付きを得られる優秀な漫画なのです。

おすすめの記事