ドラえもんが持つひみつ道具の中でも最強&最恐といわれる道具が『地球はかいばくだん』です。

これを使ったが最後、地球は木っ端微塵になり、全ての歴史が無くなってしまうのです。

スポンサーリンク

ネズミ退治の最後の手段

家にいるネズミが怖くて仕方のないドラえもん。

その恐怖心から錯乱し、家の中で機関銃を撃ちまくったり、のび太やママに「君らも武器を持って戦え!」と誘う始末。

のび太にはジャンボガン、ママには熱線銃を渡し、3人で総力をあげてネズミを探しますが、一向に見つかる気配がありません。

「ね、ね、」と声を掛けただけののび太を銃撃してしまったり、さすがののび太とママも「ネズミ怖さに気が変になったらしい」と、ドラえもんの言動に恐怖するしかありません。

ライフルを乱射するドラえもん

間一髪で銃撃をかわすのび太、あっぱれ

ドラえもん7巻「ネズミとばくだん」P84:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

もはやネズミよりもドラえもんの方がよっぽど恐ろしいという展開が続く中、その恐怖心はとうとう一線を越えてしまいます。

「こんなに探したのに現れない・・・だが家にいるのは確かだ。考えただけでもぞっとする」と完全に正気を失ったドラえもんが取り出したひみつ道具が『地球はかいばくだん』です。

理性なきものに兵器を持たせてはならない

爆弾を抱えながら「フヒーッヒ、ヒ、ヒ、ヒ」とよだれを垂らしながら笑うドラえもん、完全に狂っています。

狂ったドラえもん

地球滅亡へのカウントダウン

ドラえもん7巻「ネズミとばくだん」P85:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

この爆弾は、その名の通り地球をはかいしてしまう恐ろしい力を持っています。

この時のドラえもんの様子は、ネズミの恐怖心から明らかに理性を失っています。

いつ手に持った爆弾を地に落としてしまうか予測できません。

全力でドラえもんを止めたのび太とママは、世界中から大絶賛されてもいいほどの働きをしたと考えるべきです。

流通経路が不明の地球はかいばくだん

ドラえもん屈指のカオス話として有名な「ネズミとばくだん」の話。

随一のインパクトを放つ『地球はかいばくだん』の性能についてはもう何をいわんかや、その名の通り地球を木っ端みじんに出来る爆弾です。

とにかく地球を破壊出来るというというのですから、もう危険とか危ないとかのレベルで済まされるような話ではありません。

たった1匹のネズミのためにあわや地球が破壊される寸前まで追い詰められたのです。

しかもそれをやろうとしたのが、普段はのび太の暴走を抑える立場である子守ロボットのドラえもんなのです。

これだけでも異色な話といえます。

どうしてこんな危険な爆弾がドラえもんのポケットに入っているのかは不明です。

という事で一番怖いのはやはり、こんな道具を家庭用ロボットが普通に所有しているという22世紀の世界でしょうか。

再び降臨!地球はかいばくだん

このように危険極まりない『地球はかいばくだん』ですが、なんとコミックス27巻「恋するドラえもん」で再登場しています。

近所のメス猫に恋したドラえもんが何とか彼女にアプローチしていた時に、彼女の事をずっと見ていたというオス猫が現れます。

ライバルを追っ払おうと逆上したドラえもんが色々と道具を出し、最後に抱えていたのがこの地球はかいばくだんでした。

地球はかいばくだんを使おうとするドラえもん

好きな猫の言葉で我に返るドラえもん

ドラえもん27巻「恋するドラえもん」P28:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

フラれた腹いせに逆上して作動させなくて本当によかったです。

何らかの欠陥があるドラえもん

これらのことからわかるように、ドラえもんは

  1. ネズミに恐怖して理性を失った時
  2. 好きなメス猫を巡ってライバルが現れ、逆上した時

のように、自分が気分・感情を失い、理性をコントロールできなくなることがあると、地球はかいばくだんに手を出そうとしています。

もともとは子守ロボットのドラえもんなので、間違っても世界を破壊するプログラミングなどはされていないはず。

そうである以上、製造時にカミナリに撃たれた時、もしくはのび太と生活するうちにコンピューターが狂い、欠陥が生じている可能性があります。

このままドラえもんを放置していると世界の機器です。

やはり定期的なドラえもんのメンテナンスが必須ですね。

おすすめの記事