未来のひみつ道具を色々と収納・取り出すことのできる「四次元カバン」です。

ドラえもんの四次元ポケットのカバン版と言い換えることができますね。

スポンサーリンク

未来人の落し物

実はこの四次元カバン、未来の犯罪人が現代に逃げ込んだ時に、うっかり落としてしまったものです。

それを偶然拾ったのがジャイアンなのですが、ジャイアンは四次元カバンから色々な未来のひみつ道具を取り出し、やりたい放題はじめてしまうのです。

ただし、落とし主が未来でタイムパトロールに指名手配されている人物だったため、ジャイアン・のび太・ドラえもんは命を狙われてしまうのですが、危ういところでタイムパトロールが駆けつけて御用となりました。

四次元カバンの持ち主

みんなの命が危ない

ドラえもん4巻「未来世界の怪人」P146:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

ジャイアンが四次元カバンから取り出したもの

拾った四次元カバンからジャイアンが取り出したものをまとめました。

  • 空気砲
  • 万能わな
  • 空飛ぶワッペン
  • 雲かためガス
  • くすぐりノミ

ジャイアンがよく効果を理解しないまま使ったものも含まれています。

子どもの好奇心がなせるやり方ですね。

人を魅了する道具の危険性

どのひみつ道具も、現代の科学では作り出すことができない魅力的なものばかり。

タイムパトロールに押収されるとき、子どものジャイアンでさえ「拾い主は1割もらえるはずだ」とひみつ道具の所有権を主張していた様子からもわかるように、優れた科学技術の産物は、人をいい意味でも悪い意味でも惹きつけてしまうのです。

ひみつ道具を欲しがるジャイアン

さすがジャイアンである

ドラえもん4巻「未来世界の怪人」P147:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

私利私欲にまみれた大人が手にしてしまうと、一体世の中はどうなってしまうのか。

考えさせられるシーンですね。

新旧ドラえもんで使われ方が異なる

大山のぶ代さん版で2002年3月に放送された「謎の四次元カバン」では、雲かためガス・くすぐりノミは登場せず、

  • ビッグライト
  • コエカタマリン
  • マジックハンド

がカバンから取り出されるシーンが追加されています。

水田わさびさん版では「万能わな」、「空飛ぶワッペン」以外に

  • ハルンチャルメラ?(お菓子を呼び寄せる)
  • SLえんとつ風のリニアモーターカー
  • 地球破壊爆弾に酷使した小さな爆弾(惑星を破壊するほどの威力)

がカバンから取り出されていました。

形を変えた四次元ポケット

四次元の世界に道具を収納する点では、ドラえもんのトレードマークでもある四次元ポケットと四次元カバンは非常に似たひみつ道具といえるでしょう。

四次元ポケットには、取り出したい道具を頭の中でイメージするだけで、ポケットの中のコンピュータが探しだしてくれる機能が付いています。

ジャイアンがドラえもんから逃げるときに「しつこいなぁ」とカバンから取り出したものが「くすぐりノミ」だったので、ジャイアンの思考を四次カバンが読み取り、ドラえもんから逃げるためのひみつ道具を選んだと考えられます。

くすぐりノミを使うジャイアン

機転のきくジャイアン

ドラえもん4巻「未来世界の怪人」P144:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

四次元カバンは見た目が古臭く、手にもって移動するのは不便なため、四次元ポケットのほうが使い勝手がよさそうですね。

また、カバンから物を取り出すという点では「取り寄せバッグ」も類似道具とも言えます。

取り寄せバッグは、別の場所にある物体を、空間を繋げて取り寄せるもの。

四次元カバンは、あらかじめカバンの中に入っているものを取り出すもの。

状況に応じて使い分けることができそうですね。

やっぱり欲しい四次元関連のもの

四次元ポケットのように何でも収納できるのは非常に魅力的です。

収納力はほぼ無限なので、引っ越し作業や身辺整理にとても役立ちそうです。

ただし、きちんと整理しておかないと中身がぐちゃぐちゃになってしまうので、そこは注意したいですね。

おすすめの記事