メモ帳に書いたことが実現する夢のようなひみつ道具、それが『かならず実現する予定メモ帳』です。

一見するとごく普通のメモ帳にしか見えませんが、実は隠されたものすごいパワーがあるひみつ道具です。

スポンサーリンク

使い方

予定メモ帳の使い方はかんたん。

中を開くとシンプルなマス目が並んでいるので、実現したいことを書き込むだけでOKです。

ひみつ道具の予定メモ帳

ごく一般の手帳に見える

ドラえもん1巻「◯◯がXXと△△する」P154:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

たったこれだけで、メモ帳に書いたことが実現してしまうんです。

ドラえもんのひみつ道具には、こうやって誰でもかんたんに使えるにも関わらず、世界を変えてしまいかねない恐ろしいパワーを秘めていることが少なくありません。

では実際にコミックの中で使われた例を見てみましょう。

予定メモ帳はこう使われた

まずはドラえもんが使った例。

パパが今すぐにおかし屋でドラやきもらってくる

予定メモ帳の使い方をのび太に見せるため、ドラえもんが書いた内容がこれです。

パパは仕事中なので、こんなこと実現するわけないと言い張るのび太でしたが、本当にパパが現れ、ドラやきを置いていきました。

ひみつ道具の予定メモ帳

非常においしそうに見えるどら焼き

ドラえもん1巻「◯◯がXXと△△する」P155:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

なんて簡単なんでしょうか。のび太が目を丸くして驚くのも無理はありません。

しずちゃんがのび太とのび太の家で勉強する

のび太が最初に書いた内容がこれ。なんとも小学生らしい健全な内容です。

書いた直後にしずかちゃんから電話があり、さっそくのび太の家で勉強することになりました。

ドラえもんがママとテーブルの上でゴーゴーをおどる

おもしろ半分でのび太が書いた内容がこれ。

ドラえもんは「こんなへんなこと、ぜったいにしないぞ」と怒ってしまいますが、ネズミが現れたことに驚いたドラえもんとママはテーブルの上でおどってしまったのです。

ジャイアンとスネ夫が今ここで先生にアカンベーする

砂ぼこりが目に入ったジャイアンとスネ夫が、お店のガラス窓に向かって目を開いて確認していたところ、店内から先生が現れ、アカンベーしていると勘違いされてしまいました。

目を確認するのはわかりますが、舌を出す必要はなかったんじゃないかと今でも思っているんですが・・・。

しずちゃんが郷ひろみとのび太の家ではなしをする

郷ひろみさんが間違い電話でのび太の家に電話してしまい、偶然それを取ったしずかちゃんが郷ひろみさんと会話することが実現しました。

他人の家にかかってきた電話にいきなり出てしまうしずかちゃんって一体・・・。

しずちゃんがのび太に今ここでチューをする

最後にのび太が書いた内容がこれ。願望に素直ですね。

キスではなくチューと書くところがミソです。

万年筆のインクが飛び出て、チューっとのび太の顔にかかってオチとなりました。

世界を変えてしまいかねないひみつ道具

なんでも実現してしまう夢のようなひみつ道具ですが、使い方によっては世界を変えてしまう恐ろしい力を持っています。

もし予定メモ帳が実現したとしても世間に公表されることはないでしょうし、この類の技術が実現するのも不可能です。

ドラえもんの世界は子どもが主人公ですので、世界征服してやろうとか犯罪に使われる様子は描かれていません。

「こんなことができたらいいな」と空想の世界で楽しむ程度におさめるのがよさそうです。

似たようなひみつ道具が多い

ドラえもんの世界には予定メモ帳のように、出来事をコントロールできるひみつ道具がたくさんあります。

例えば『もしもボックス』や『あらかじめ日記』、用途を限定すれば『お天気ボックス』なんかもそうですね。

機能が似たひみつ道具がたくさん登場するのも、ドラえもんの魅力の1つです。

「あのひみつ道具使えば代用できるよね?」という疑問をあえて口にしないのが、ドラえもんを楽しむコツといえるでしょう。

おすすめの記事