人間に、もしカタツムリのように自分の身を守る殻があったらどうでしょうか?

今回はそんなカタツムリになれる『デンデンハウス』というひみつ道具を紹介します。

スポンサーリンク

デンデンハウスの使われ方

テストの答案を無くしてしまったのび太。

しかしママは、悪い点数だったからのび太が隠していると決めつけ、無くしたといっても信じてくれません。

のび太を信用しないママ

日頃の行いが災いしている

ドラえもん9巻「デンデンハウスは気楽だな」P141:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

我が子を信用しないママに怒ったのび太は家出を決意します。

とはいっても他に行く当てがないし、お金もありません。

そこで家の中で家出をするためにドラえもんから『デンデンハウス』を借ります。

一見大きなカタツムリの殻ですが、中は案外広く人間が入れてしまいます。

のび太は家の中でデンデンハウスに引きこもり続ける事でストライキをし、家を出ない家出を画策します。

当然ママは怒りますが、のび太は全く気にしません。

デンデンハウスに入っいてればママのお説教は聞かずに済み、叩かれてもいたくないからです。

さて、この親子の根競べ、勝つのはどちらでしょうか・・・

強固な作りの絶対のとりで

デンデンハウスの特徴といえば、何と言ってもその頑丈さにあるといってもいいでしょう。

コミックの中で、ジャイアンたちがデンデンハウスに殴りかかっても、けがをしたのはジャイアンたちの方でした。

デンデンハウスを殴るジャイアンとスネ夫

何をやっても壊れない

ドラえもん9巻「デンデンハウスは気楽だな」P146:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

正確な強度については不明ですが、ドラえもん曰く「爆弾でも壊れない」とのことです。

おそらくドラえもんの道具の中でもトップクラスの頑丈さを誇っていると思われます。

また、コミックの中では描写されていませんが、デンデンハウスの中は4次元ポケットのような圧縮空間が広がり、ベッドやエアコンなどが完備されています。

頑丈な隠れ家というイメージがますます強まりますね。

子猫を守るために再登場する

このデンデンハウスは、コミック15巻「ネコが会社を作ったよ」では捨て猫たちの家として再登場します。

隠れ家系の道具は複数ありますが、あえてデンデンハウスが選ばれたのは、やはりその頑丈さが安全に子猫を守ってくれるというイメージからかもしれません。

もしも現実にあったとしたら

現実世界でデンデンハウスが活躍するときというなら、何と言っても緊急災害時であると思われます。

何しろ、中に入ってさえいれば、地震であれ火事であれ恐れる事はありません。

もし逃げ遅れた時も中に入って災害が収まるまで中でやり過ごしていれば、安全は保障されます。

地震や洪水など、最近の日本では災害が多くなっていますから、安全のためにも、この時代に一家に一個必要になる道具かもしれません。

また、背中に付けて持ち歩けるという点も考えると、キャンプの時はテント代わりになりますね。

人工の一極集中が加速する恐れがある

デンデンハウスの中に広がる快適な四次元空間。

この中で生活することも可能なので、東京の激安オンボロアパートを格安で賃貸し、でも実はその中でデンデンハウスを使って寝泊まりしている構図が描けます。

東京の利便さは憧れだけど、家賃の高さと部屋の狭さと古さがネックだと感じる人にとっては、限りなく家賃を抑えつつデンデンハウスで暮らせますね。

こうすることで、今以上に東京の人口密度が高まってしまう恐れもあります。

おすすめの記事