邪魔なものをどんどん消していく『どくさいスイッチ』です。

未来の独裁者が使うためのひみつ道具で、自分にとって障害になる存在を消し去り、理想郷を作りあげることができます。

スポンサーリンク

のび太の曲がった考え方を直せ

「いじめっ子のジャイアンがどこかに引っ越せばいいのに」

のび太の言葉を聞いたドラえもんが出したのは『どくさいスイッチ』です。

このスイッチを押すと、自分にとって邪魔になる人や物の存在をこの世から消してしまうことができます。

いくらジャイアンとはいえ、人をこの世から消してしまうのはさすがに抵抗を感じていたのび太。

ところが相変わらずいじめてくるジャイアンを目の当たりにしたのび太は、思わずどくさいスイッチを使い、ジャイアンを消してしまったのです。

どくさいスイッチでジャイアンを消すのび太

眼の前から突然消える恐怖

ドラえもん15巻「どくさいスイッチ」P129:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

誰の記憶にも残らず、もとから存在しなかったことになったジャイアン。

スイッチが持つ力に恐怖を感じるのび太ですが、もののはずみでうっかり全世界の人口を全て消してしまったのです。

どくさいスイッチで世界中の人を消したのび太

寝ぼけているのび太。

ドラえもん15巻「どくさいスイッチ」P133:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

一人では何もできないのび太が途方に暮れていると、どこからともなく現れるドラえもん。

実はこれ、未来の独裁者をこらしめるためのひみつ道具だったのでした。

消えた人はどこにいくのか?

どくさいスイッチで消えた人はいったいどこにいくのでしょうか?

気になるポイントは、人の記憶からも存在が消えてしまうことです。

どくさいスイッチを使うと存在していなかったことになる

ジャイアンがもとから存在しない世界もあるようだ

ドラえもん15巻「どくさいスイッチ」P130:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

これは予想ですが、どくさいスイッチを使うと一種のパラレルワールドに切り替わるのではないでしょうか。

ジャイアンが存在するもともとの世界をAとすると、ジャイアンが初めから存在しない世界がBです。

どくさいスイッチを使うと世界Aと世界Bが切り替わるのです。

そうすると、人の数だけパラレルワールドが存在することになりますが、自分たちが知らないだけで世界はいくつも同時に存在しているのかもしれません。

ドラえもんが出現した謎

どくさいスイッチで世界中の人が消えてしまったにも関わらず、急にドラえもんが現れてのび太を驚かせます。

どくさいスイッチで消えたはずなのに突然現れるドラえもん

ドラえもんがいなければ、のび太はずっとひとりぼっちだった

ドラえもん15巻「どくさいスイッチ」P139:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

どくさいスイッチを操作しない限り、一度消した人が現れることはないはずです。

恐らくドラえもんは、どくさいスイッチの影響が及ばない特殊な道具を使っていたのでは?と思われます。

のび太にどくさいスイッチを貸したときから、ドラえもんの目的はのび太の曲がった考え方を直すことでした。

最悪の場合、のび太は自分以外の存在を消しかねない。

そうであれば予め予防線を張っておこうと考えたに違いありません。

果たして独裁者への制裁になるのか?

どくさいスイッチは独裁者をこらしめるための道具です。

小学生ののび太は自分一人で生きていくことはできないため、人を消すなんて愚かな考え方はダメだと反省しましたが、本物の独裁者にとって果たしてそれは制裁になるのでしょうか?

ひょっとすると、どくさいスイッチにはコミックに描かれていないだけで、この先にまだ続きがあるのかもしれませんね。

消した人の数だけ自分に災いがふりかかるなど、そうでもしないと『独裁者をこらしめる』という目的が達成できません。

意外と奥が深いどくさいスイッチですね。

おすすめの記事