氷をかためるスプレー

氷が溶けないようにし、そのままの形を保ち続けることができる『氷をかためるスプレー』の紹介です。

氷の形が崩れないため、雪まつりなどのイベントで重宝されそうですね。

氷の秘密基地

かき氷をお腹いっぱい食べたいという夢を叶えるため、流氷を訪れたドラえもんとのび太。

あまりにも大きな流氷を見て、氷ざいくごてを使って氷の中に自分たちだけの遊び場を作ることに決めたのです。

氷の中を細工するドラえもんとのび太

建築能力が高い2人

ドラえもん18巻「大氷山の小さな家」P55:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

職人顔負けの造形技術を持つドラえもんとのび太は、本物の家のように立派な部屋をいくつも作ります。

氷を細工しただけでは熱で溶けてしまいますが、『氷をかためるスプレー』を吹きかけることで氷がかたまり、壁や床として使えるようになるのです。

氷の理想郷は友達にも開放し、みんなで楽しい時間を過ごしたドラえもんたちなのでした。

用途によっては便利な道具

『氷をかためるスプレー』を使うと氷が溶けなくなる性質を利用すると、ジュースに入れる氷が溶けないままずっと冷やし続けることができますね。

氷をかためるスプレーを使うドラえもん

ドラえもんの団子の手でどうやってスプレーを出しているのだろうか?

ドラえもん18巻「大氷山の小さな家」P55:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

水筒に入れても常に冷やすため、冷たさをキープするために魔法瓶を使う必要がなくなります。

強度が上がるわけではない

固まった氷は溶けなくなるというだけで、氷の強度が上がるわけではありません。

そのため、いくら氷が簡単に入手できるからとはいっても、氷を建築資材として使うのはちょっと無理がありそうです。

氷はちょっとした衝撃ですぐに割れてしまうことから、簡易的な秘密基地だったり期間限定で使う施設など、すぐに壊してしまうものであれば大丈夫でしょう。



おすすめの記事