世の中、いやなお客さんっていますよね。

そんな人たちに早く帰って欲しい時、役に立つひみつ道具があります。

その名も『ゴーホーム・オルゴール』。

安直な名前ですが、効果絶大なオルゴールです。

スポンサーリンク

社長が家にやってきた

年始の面倒くさいあいさつをたくさん受けるのが嫌で、のび太の家(のび太のパパの家)に押しかけてきた会社の社長さん。

社長の横柄な態度に嫌気がさしていたドラえもんとのび太は、社長を一刻も早く家から追い出すための秘策を考えます。

社長が家にやってきた

気持ちはわかるが、社長がそれでは・・・

ドラえもん11巻「いやなお客の帰し方」P24:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

そのうちの1つが『ゴーホーム・オルゴール』。

このオルゴールから流れるメロディを聴くと、身体が自動的に動き出し、家に帰りたくなる不思議な効果があります。

それにしても、のび太のパパ。

社長の避難先として選ばれるほど、会社ではいい関係を築いているんですね。

将来は出世間違いなしでしょう。

メロディは蛍の光

ゴーホーム・オルゴールは蛍の光のメロディが流れる仕様になっています。

別れの曲として定番ですが、こういう細かいところにこだわりを感じますね。

無理やり帰す効果あり

どうしても家にいたい社長は、ゴーホーム・オルゴールの音色を聴いてもその場を動こうとしません。

音量を上げると身体が勝手に動いて家を出ようとしますが、社長は必死の抵抗を見せます。

ゴーホーム・オルゴールに抵抗する社長

必死に抵抗を見せる社長

ドラえもん11巻「いやなお客の帰し方」P26:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

あまりにもしつこくオルゴールを使ってしまったがため、家の中にいたのび太のママが「実家に帰らせてもらう」と言い出す始末。

のび太のママには簡単に効いたのに、意地でも帰ろうとしない社長の執念が感じられます。

使用者本人には効果なし

ゴーホーム・オルゴールの音色を一番近くで聴いていたのはドラえもんですが、未来の世界に帰ると言い出すことはありませんでした。

オルゴールの周りにいる人には効果がないと思われ、近くにいたのび太にも影響がなかったことを見ると、数メートル以内の範囲は無効空間ということが想像できます。

ゴーホーム・オルゴールの影響範囲

カエルも困っている

ドラえもん11巻「いやなお客の帰し方」P26:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

実用的な場面

お店を経営する人にすれば、お客さんを帰してしまうなんてとんでもない!と感じる人もいるでしょう。

たしかに実際の店舗で使うにはちょっと無理があるゴーホーム・オルゴールですが、例えばイベント会場はいいかもしれません。

イベントが終わってもその場に残ってダラダラする人がいるため、そんな時にこのゴーホーム・オルゴールを使えば、一気に人がいなくなります。

あとは事件現場で野次馬が集まってしまった時、家にセールスマンが押しかけてきた時、暗い夜道で危険を感じる時など、使い方を考えるといろいろと応用が効きそうですね。

おすすめの記事