氷をふんわりするスプレー

固い氷をふんわりした性状にしてしまう『氷をふんわりするスプレー』の紹介です。

氷細工にもってこいのひみつ道具ですね。

氷の遊び場を作ろう

神奈川県ほどの大きさの流氷を細工し、勉強部屋や遊び場を作ることに決めたドラえもんとのび太。

『氷ざいくごて』などを使ってどんどん部屋を作っていくのですが、なんと家具までも氷で作ってしまったのです。

氷でソファを作ったのび太

のび太の才能は計り知れない

ドラえもん18巻「大氷山の小さな家」P55:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

見た目はキレイなのですが、材質は氷なのでソファなどは固いまま。

そこでドラえもんが取り出したのが『氷をふんわりするスプレー』です。

このスプレーをかけると氷がふんわり柔らかくなり、本物のクッションのような感触になってしまうのです。

氷のソファを柔らかくするドラえもん

なんとも不思議な効果である

ドラえもん18巻「大氷山の小さな家」P55:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

どれだけのび太の設計技術が優れていたとしても、固いソファでは落ち着いて休憩することはできません。

本物並みの快適さになった氷とともに、ドラえもんとのび太、そして友達大勢は至福の時間を過ごすのでした。

氷がふんわりというよくわからない状態

『氷をふんわりするスプレー』のおかげで完成した氷の家具ですが、材質はあくまでも氷なのに触るとふんわりする、しかも溶けないという謎の物質が完成します。

前の記事に登場した『氷をかためるスプレー』も氷が溶けないようにするための道具ですが、百歩譲ってそっちは理解できるかもしれません。

しかしその上で触感までもふんわりさせるとは、さすが未来の世界の科学技術としか言いようがありませんね。

北極で使うと大混乱

もし『氷をふんわりするスプレー』を北極で使うと、それを発見した人が大混乱に陥ってしまうでしょう。

犬ゾリが走っていたら一箇所だけふわふわしていて、ソリが止まってしまうかもしれません。

世にも珍しい氷ということでメディアが押し寄せ、世紀の大発見!と称される可能性もあります。

使う場所には注意が必要なひみつ道具ですね。



おすすめの記事