ずるく立ち回る人間が得をして、正直で優しい人間ほど不幸な目にある事も多いです。

でも大丈夫、ドラえもんの世界には、親切にすればするほど幸せになれる道具が存在します。

今回はそんな『ウラシマキャンデー』を紹介しますよ。

スポンサーリンク

本編での使われ方

優しくて人のいいのび太は、いつもみんなから用事を押し付けられてしまいます。

みんなのために何かしてあげても、ありがとうすら言われない事を嘆くのび太を見かねたドラミちゃんが出してくれたのが『ウラシマキャンデー』でした。

浦島太郎の玉手箱のようなケースに入ったキャンデーで、一粒舐めて誰かに親切にすると、
必ず恩返しをしてもらえるというキャンデーです。

ある中年女性がうっかり落としそうになった荷物を受け止めたのび太。

効果な瓶を守るのび太

ナイスキャッチだが、人としてそれでいいのか?

ドラえもん9巻「ウラシマキャンデー」P80:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

何でもその荷物の中身はとっても高価な甕(かめ)らしく、盛大にお礼をしたいと自宅に招かれるのび太。

そこでは夢のような時間が流れますが、帰ろうとしても帰してくれないところや、家でママがカンカンになって怒っている(=よくないことが起ころうとしている)ことなど、浦島太郎に似たストーリーが展開されるのでした。

効き目が強すぎるのが難点

効果な甕(かめ)を守ってくれたのび太にお礼をしたい女性の気持ちもわかりますが、ウラシマキャンデーはちょっと効き目が強すぎる気もします。

感謝の気持ちを伝えたいがため、のび太にどんどん食事を持ってきたり、帰ろうとするのび太を家に引き止めるために靴を隠そうとしたり、ウラシマキャンデーを使ったのび太本人でさえ「効き目が強すぎる」とグチをこぼしているのです。

ウラシマキャンデーの恐ろしい効き目

発想が恐ろしい親子

ドラえもん9巻「ウラシマキャンデー」P84:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

ウラシマキャンデーを使いすぎると、今度は逆に自分が大変になりそうですね。

人間以外にもお礼をされる

強い効き目を発揮するウラシマキャンデーの効果は、人間以外のものからもお礼をされます。

犬や猫からのお礼は勿論、何とゴキブリホイホイから逃がしたゴキブリからもお礼をされます。

帰りが遅くなったのび太を怒ったママが家で待ち構えていましたが、そこに登場したのはゴキブリ。

逃してくれたお礼にゴキブリが登場し、ゴキブリが苦手なママからのび太を守ってくれたのでした。

ゴキブリが苦手なはずのドラミちゃん

いくらなんでもゴキブリはちょっと無理かも・・・

ドラえもん9巻「ウラシマキャンデー」P86:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

この時、ゴキブリが苦手なはずのドラミちゃんがあまり怖がっていないのはご愛敬。

もしも現実に存在していたら

人の情が失われてるといわれるこの世の中で、道具の力を借りるとはいえ、いい事をして人から感謝されるというのは、別段悪い事ではないと思います。

とはいっても、やはり道具の力でお礼を言わされているだけかと思うと、多少寂しくもなりますが、それでもお礼や感謝の念を持ってくれるのはやはりうれしいですからね。

逆に何をされても恩を感じないでいるような図々しい人に思い切りお礼をさせる効果もありそうなので、そういった人へのちょっとした仕返しも出来そうですね。

しかしウラシマキャンデーの効果の強弱は付けられないので、お礼のレベルが行き過ぎて、過剰なおもてなしをされる事もあるので、その辺りは注意が必要になりそうですが。

似た道具

コミックス35巻に登場した『動物変身恩返しグスリ』がウラシマキャンデーに似た道具として挙げられます。

これは鶴の恩返しがモチーフになっていて、助けてあげた動物に使うと、後から人間の女の子の姿でお礼をしにやってきます。

おすすめの記事