かんにんぶくろ

頭にくることがあれば『かんにんぶくろ』に息を思いっきり吹き込みましょう!

すっかり怒りを吸収してスッキリした気分になれますよ。

ジャイアンの怒りを吸い込もう

1年に1度の誕生日、友だちから心の底からお祝いして欲しいジャイアンはこっそりドラえもんに相談します。

友だちからお祝いして欲しいジャイアン

切実なジャイアンの願い。自業自得とはいえ可愛そうだ・・・。

ドラえもん23巻「ハッピーバースデイ・ジャイアン」P47:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

「どうして俺は人気がないんだろう?」という切実なジャイアンの訴えを聞いたドラえもんは『かんにんぶくろ』を取り出します。

この袋に息を吹き込むと怒りがスッと収まる不思議な効果があり、乱暴者のジャイアンが大人しくなって友だちからの評価を上げようという狙いがあります。

さっそく『かんにんぶくろ』を使い始めるジャイアンですが、あまりにもジャイアンの怒りが大きすぎたためか袋がパンパンに膨れ上がってしまったではありませんか!

膨れ上がったかんにんぶくろ

危険水域に達したかんにんぶくろ

ドラえもん23巻「ハッピーバースデイ・ジャイアン」P49:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

未来のひみつ道具をもってしてもジャイアンの巨大な怒りパワーを抑えきることは不可能だったというわけです。

現代人にうれしいひみつ道具

色々なストレスにさらされる現代社会にとって『かんにんぶくろ』は必須の道具といえるかもしれません。

会社で嫌なことがあってもこれさえあれば気分スッキリ!また気持ち新たにリフレッシュできます。

運動して気分転換もいいんですが、根本的な原因である怒りを吐き出すほうが効果的かもしれませんね。

怒りをエネルギーに変えられないか?

パンパンに膨れ上がった『かんにんぶくろ』をその後どうやって処分したかは不明ですが、物理的に貯まった怒りエネルギーを何かに使えないでしょうか?

別のストーリーに登場する『まあまあ棒』を見ると、ジャイアンの怒りエネルギーは空き地一帯を爆発させるほどの巨大な力があります。

ジャイアンの怒りエネルギー

明らかに危険な状況である

ドラえもん23巻「まあまあ棒」P57:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

『かんにんぶくろ』にもこれと同等のエネルギーが貯まっていると考えられ、上手に活用したいところ。

吹き込み口に管を通して怒りパワーで火をつけたり、敵に吹きかけるとダメージを与えたり、何かしらの使いみちがあればもっと活きるひみつ道具だと思うのですが・・・。



おすすめの記事