小型ますい銃

小型ますい銃を使えば、相手を一瞬で眠らせてしまうことができます。

コミックでは、ニホンオオカミを眠らせて捕まえるために登場しました。

強力な麻酔効果あり

絶滅したと思われていたニホンオオカミを捕まえるために山にやってきたドラえもんとのび太。

狼の警戒心を解くため、のび太は「月光とう」を使って狼そっくりに変身しました。

狼が安心したところを眠らせて捕まえるため、ドラえもんが出したのが小型ますい銃です。

しかし、さすがそこはのび太。

誤ってドラえもんに向けて小型ますい銃を発射してしまい、ドラえもんは一瞬で眠りにおちてしまうのです。

ひみつ道具の小型ますい銃

ロボットも一撃

ドラえもん2巻「オオカミ一家」P113:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

手のひらサイズの小型なひみつ道具ですが、有無を言わさず強制的に眠らせてしまう強力な麻酔作用があることがわかります。

対象は動物とロボット?

小型ますい銃が実際に使われたのは対ドラえもんだけ(誤射)。

本来は狼を眠らせる目的がありましたが、結局つかわれることはありませんでした。

ロボットでさえ眠らせる(機能を停止させる)効果がある麻酔銃なので、人間を含む動物にも有効だと考えられます。

撃たれた本人に痛みがあるかどうかは不明です。

未来の国では護身用か?

小型ますい銃は手の平に収まる程度の小型タイプです。

誤射にさえ気をつけておけば、カバンの中にこっそり忍び込ませることもできそうです。

玉が当たった人を即座に眠らせる効果を利用し、未来の国では例えば

  • 護身用
  • 犯人を足止めする拳銃の代わり
  • 逃げ出した動物を捕まえるため

などの目的で使われていることが予想されます。

小型ますい銃が登場したストーリー「オオカミ一家」を読むと、麻酔銃で撃たれたドラえもんは約1時間で眠りから覚めているように見えます。

それだけの時間があれば、護身用として、または犯人の足止めとしても十分な効力がありますね。

操作性に問題あり

のび太は射撃の名人として知られていますが、果たしてそののび太が小型ますい銃を誤射してしまうことは考えられるでしょうか。

改めてのび太が誤射したシーンを見てみましょう。

のび太が誤射

人に銃口を向けてはならない

ドラえもん2巻「オオカミ一家」P113:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

このシーンを見ると、のび太の視線は小型ますい銃を向いています。

正面にいるドラえもんを狙っているわけではなさそうですね。

麻酔銃のトリガーに指をかけているので、のび太の取り扱い方法がよくなかったのが原因ではありますが、少しでもトリガーを引くと反応してしまう設定であることが予想されます。

続いてこちらは、ドラえもんが小型ますい銃を使ったシーンです。

ドラえもんが銃を使う

間一髪で助かるのび太

ドラえもん2巻「オオカミ一家」P117:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

おだんごのようなドラえもんの手でも、ちゃんと発射していることがわかります。

やはり小型ますい銃のトリガーは相当敏感な設定になっているのでしょう。

使い方を間違えると危険な麻酔銃ですので、しっかり安全装置は備え付けておくべきですね。

麻酔銃の使用は実はハードルが高い

ドラえもんたちが気軽に使っている麻酔銃ですが、実は現代の世界で使うにはかなりハードルが高くなります。

なぜなら麻酔銃を使うためには「狩猟免許」と「獣医師免許」の両方を持っている必要があるからです。

未来の世界では気軽に誰でも使えるようライセンスの面がかなり緩和されている可能性がありますね。

おすすめの記事