メルヘンランド入場券

二十二世紀のメルヘンランドに入場するための『メルヘンランド入場券』。

動物に変身して夢の国を楽しみましょう。

ひとときのおとぎの国へ旅立とう

のび太がむかし好きだった動物がたくさん登場するおとぎ話。

その夢を叶えるため、ドラえもんたち一行は『メルヘンランド入場券』を使って二十二世紀のレジャー施設メルヘンランドを訪問します。

動物になりきっておとぎ話の舞台を体感できる夢の国で、みんなは時が経つのを忘れて楽しみます。

メルヘンランドを楽しむドラえもんたち

まさに夢の瞬間だろう

ドラえもん39巻「メルヘンランド入場券」P14:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

現代に戻ると辛い現実に打ちのめされるドラえもんとのび太なのでした。

二十二世紀の夢の国

メルヘンランドは二十二世紀のレジャー施設。

入場者は入り口でイメージに近い動物に変身し、動物になりきって夢の国の楽しむことになるのです。

動物になりきることがコツ

メルヘンランドを楽しむコツは動物になりきること。

みんなが心から楽しむ気持ちを持てば自然と楽しい時間が流れます。

未来の技術によって動物に変身して見た目も完全に変わってしまうので、ディズニーランドと比較しても自然と没入感は高くなるでしょう。

ジャイアンですら陶酔する楽しさ

おとぎ話やメルヘンなどには縁がなさそうなジャイアンですら、メルヘンランドを離れる時はすっかりとりこになっていました。

メルヘンランドに陶酔するドラえもんたち

心から楽しんで日頃のストレスを発散させたようだ

ドラえもん39巻「メルヘンランド入場券」P15:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

小学生とはいえガキ大将として男らしく振る舞うジャイアンですら、夢の国の魅力にすっかりハマってしまったようです。

童心に返って心から楽しむ時間は何にもかえがたい至福の瞬間なのでしょう。



おすすめの記事