マイハウスガス

木に吹きかけると、キビがらのように木が柔らかく軽くなる『マイハウスガス』を紹介します。

無人島での住居を確保

しずかちゃんと一緒に無人島に行きたいと考えるのび太。

ドラえもんの『ロビンソンクルーソーセット』を使い、公園のボートで無人島に到着しました。

拠点となる家を造るために使ったのが『マイハウスガス』。柔らかくなった木を使ってのび太が家を自作したのです。

その後タイミングを見て無人島を脱出し、無事家に帰ることができた2人なのでした。

木を使った作業におすすめ

様々な用途に使える木は重くて大変。

『マイハウスガス』を使えば非力なのび太が1人で簡単にポキっと折れるほど扱いやすくなります。

木を素手で折るのび太

つい何本も折りたくなる快音である

ドラえもん39巻「ロビンソンクルーソーセット」P160:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

未来の世界の林業でも使われているのかもしれませんね。

ガスの効果はしばらく持続

無人島の雨を防ぐためのび太は木の傘を自作しました。

木の傘をさすのび太

初めて見る傘である

ドラえもん39巻「ロビンソンクルーソーセット」P161:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

丸太を組んだ不思議な傘ですが、普通の重さであれば片手で持つなど不可能ははず。

のび太でさえ片手で軽々持っている様子をみると、『マイハウスガス』の効果のおかげで重さがほとんど無くなっているのでしょう。

ガスを使ったあとはしばらく効果が持続するようです。

のび太の建築力の高さ

のび太が無人島で1人で建設したログハウスは見た目も強度も立派です。

のび太が建てたログハウス

木が軽いからといって建てられるレベルをはるかに凌駕している

ドラえもん39巻「ロビンソンクルーソーセット」P160:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

のび太自身も信じられないというほど完成度が高く、雨が降っても風が吹いても倒れることはありません。

『マイハウスガス』は木を柔らかく軽くするだけの効果で、家を組み立てる能力はのび太自身のものといえます。

プラモデルは下手くそに作る不器用さがある反面、風船を使った紙のスペースシャトルを作る器用さを見せたり、今回のように立派な家を建てたり、のび太の隠れた才能には驚かされるばかりです。



おすすめの記事