ジャンボチューイングガム

お菓子をあらゆる外部の敵から守る『ジャンボチューイングガム』。

羊牧場でいうところの番犬代わりになる大きなお菓子です。

のび太のお菓子牧場を守れ!

お菓子をたくさん食べたいのび太は『おかし牧草のたね』を使って空き地でお菓子を育てることにします。

アリがたからないためのクスリ』などを使って順調に育ってきたお菓子たちですが、夜な夜な誰かが盗んでいっていることが判明しました(犯人はジャイアンとスネ夫)

お菓子を盗まれたドラえもんとのび太

かわいいお菓子が盗まれる大事件である

ドラえもん24巻「おかし牧場」P64:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

外部の敵からお菓子たちを守るためにドラえもんは『ジャンボチューイングガム』を用意します。

番犬代わりになる巨大なガムで、怪しい人が寄ってくるとガムが噛み付いて追っ払ってくれるのです。

襲われたジャイアンとスネ夫は無事に逃げることができたのでしょうか?

人間ほどもある巨大なガム

空き地の土管にすっぽり収まる『ジャンボチューイングガム』は、人間とほぼ同じサイズの巨大なガムであることがわかります。

人間サイズのジャンボチューイングガム

蛇のような動き方が特徴

ドラえもん24巻「おかし牧場」P65:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

ジャイアンとスネ夫はこんな巨大なガムでさえ「噛みごたえがありそうだな」と食べる気でいたのですから、彼らの食欲はおそろしいものです。

凶暴!近づくな!

近寄るものに攻撃する『ジャンボチューイングガム』は性格がかなり凶暴です。

人を襲うジャンボチューイングガム

髪にくっつくと処理が大変そうである

ドラえもん24巻「おかし牧場」P65:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

粘着性のあるガムに襲われたらおそらく身動きが取れなくなり、最悪の場合はガムの中で窒息なんてことにもなりかねません。

お菓子を盗もうとしなければいいだけの話ですが、うっかり空き地に足を踏み入れてしまったが最後、巨大ガムの餌食になってしまう可能性もゼロではないのです。

たしかにおいしそうではある

パッケージを見るとなんとなくおいしそうな雰囲気のガムに見えないこともない『ジャンボチューイングガム』。

どんな味がするか興味は湧きますね。

番犬代わりとはいえ材料はガムなので、食べようと思えば食べれるのでしょう。

もしこれを食べるとすると何日くらいかかるのか?そういうことを想像しながらコミックを読むのもドラえもんの楽しみ方の1つといえるのではないでしょうか。



おすすめの記事