ドリームプレーヤー

好きなストーリーを選択し夢を見させてくれる『ドリームプレーヤー』。

寝ている時間の効果的な活用法としておすすめです。

のび太の教訓

お正月の夜、テレビ番組の代わりに初夢を見ようということでドラえもんは『ドリームプレーヤー』を取り出します。

ドリームプレーヤーの説明

夢を選べるという最高の夢

ドラえもん38巻「ドリームプレーヤー」P33:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

たくさんのカセットから好きなストーリーを選んでセットすると、寝ている間にその夢を見ることができるというまさに夢のようなひみつ道具です。

のび太が選んだのは『教訓』がテーマの夢。

途中で嫌になって何度も夢を交換しますが、実はその全て『教訓』の夢の中だったというオチを迎えるのでした。

夢を選べるうれしさ

夢だけは誰にも邪魔されない自分だけの時間。普段はできないことも何でもできます。

そんな夢をカセットで選択できるというのは『ドリームプレーヤー』の最も大きな魅力でしょう。

豊富なカセットがあります

用意されているカセットの一例はこちら。

  • SF
  • 西部劇
  • 時代劇
  • スリラー
  • メロドラマ
  • ドキュメント
  • 教訓、など

好きなジャンルを選ぶと友達や知人が夢に登場して独自のストーリーが展開されるのです。

途中で止めることはできません

ドリームプレーヤーは途中で止めることはできない

カセットを止めているつもりだったが、実は止まってなかったのだ

ドラえもん38巻「ドリームプレーヤー」P36:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

もしその夢が面白くないと思っても途中でストップすることはできません。

のび太は何度もカセットを交換したつもりでいましたが、実はすべて最初に見た『教訓』のストーリーの一環だったことが最後に判明します。

夢の中だけでも楽しい世界を

どれだけ辛い現実が待ち受けていようと、夢の世界で好きなことができれば生きる活力が生まれるでしょう。

明るい前向きな気持ちが行動力を生むかもしれませんし、問題解決の糸口になるかもしれません。

学習意欲の高い人は睡眠時間でさえ効果的な学習時間にしようとするでしょう。

もし『ドリームプレーヤー』が実現すれば画期的な発明として長く愛される道具になることでしょう。



おすすめの記事