ラジコンロボ

無敵のヤマタノオロチと戦うためにドラえもんが出したひみつ道具の1つが『ラジコンロボ』です。

ヤマタノオロチは『モンスターボール』が作り出した幻影だったので『ラジコンロボ』の攻撃がヒットすることはありませんでした。

のび太が引き起こした大騒動

のび太がうっかり『タイムマシン』のブレーキをかけ忘れたことが原因で過去の時代に探しに出るドラえもんとのび太。

そこではヤマタノオロチが暴れまわり、村人を苦しめているということがわかりました。

実はこれ、タイムマシンと一緒に過去に流れ着いた『モンスターボール』がヤマタノオロチの映像を映し出し、人々を苦しめていただけでした。

そうとも知らないドラえもんとのび太は数々のひみつ道具を繰り出してヤマタノオロチに攻撃をしますが、どれも空振り。

ラジコンロボの戦闘シーン

どうやって戦うのだろうか?

ドラえもん22巻「タイムマシンがなくなった!」P129:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

『ラジコンロボ』も果敢に突進するものの全く無傷。

ひみつ道具の1つとして登場するくらいなので、本来であれば『ラジコンロボ』もそれなりの威力があるのでしょう。

残念ながらここではその真価が発揮されることはありませんでした。

攻撃方法は不明

『ラジコンロボ』が実際に戦う様子が描かれていないので想像になりますが、おそらく手からミサイルを発射したり目からレーザーを出すなど、よくあるロボット特撮で見られるような攻撃をするのではないかと想像されます。

それほど体は大きくないため、体当たりや体重を使った攻撃方法は想定できませんね。

おもちゃとしても有効か?

名称にラジコンとつくぐらいなので、きっとコントローラーで操縦できることと推測されます。

手頃な大きさであることをいかし、高度なおもちゃとしても喜ばれるでしょう。

ただしその時にはミサイルやレーザー機能はオフにしておかないと、子どもが誤ってスイッチを入れてしまう恐れもあります。



おすすめの記事