SLえんとつ

エネルギッシュなSLのように力がみなぎる『SLえんとつ』を紹介します。

果たしてSLは時代にそぐわないひみつ道具なのでしょうか?

男性的な野比のび太

力強いSL機関車にあこがれるのび太。

心無い言葉でのび太を深く傷つけてしまったドラえもんは責任を感じて『SLえんとつ』を取り出します。

言葉でのび太を傷つけるドラえもん

言葉は時にナイフよりも鋭くなる

ドラえもん33巻「SLえんとつ」P141:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

SLのように力強くダイナミックな活力があふれてくるひみつ道具で、学校のマラソン大会を明日に控えたのび太は『SLえんとつ』のパワーをおさえきれず、町中を走り回ります。

しずかちゃんに「のび太さん、すてき!」と言わしめたSLですが、黒いススが近所の苦情につながり、のび太は結局SLを失ってしまうのでした。

使う場所が難しい

『SLえんとつ』をかぶった人はエネルギッシュなパワーに満ち溢れますが、同時に黒い煙とススを撒き散らす一種の公害でもあります。

ススを撒き散らすのび太

近所迷惑を考えると気軽に使えるひみつ道具ではなさそうだ

ドラえもん33巻「SLえんとつ」P147:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

このせいで室内はもちろんのこと、屋外でも住宅地で使ってしまうと大クレームを引き起こしてしまうのです。

使う前の準備

『SLえんとつ』は石炭と水を事前にセットすることで、かぶる人にパワーを与えます。

準備に多少時間がかかったとしても、SLのパワーを手に入れてしまえば大抵のことはいとも簡単にクリアしてしまうでしょう。

人間機関車セットとの違い

ドラえもんのひみつ道具に『人間機関車セット(コミック8巻)』があります。

これは走ることに特化したひみつ道具で、使う人は専用の食用石炭を食べ、自分自身の力を限界以上に引き出してものすごいスピードで走ることが可能。

ただし、長時間つかった後は酸素ボンベなどでの処置が必要になるため、使い方に注意が必要です。



おすすめの記事