ビッグライト

対象物を大きくすることができる『ビッグライト』。

有名な『スモールライト』と対をなすひみつ道具ですが、意外にもコミックに初登場するのは22巻と割と遅めなことに驚きです。

のび太を大きくしよう

うっかり『悪魔の契約書』で恐ろしい悪魔を呼び出してしまったのび太。

受け取った『デビルカード』は一振り300円が出てくる夢のようなカードなのですが、代わりに身長1ミリを差し出す必要があるのです。

調子に乗ってマンガを買ったり友人のために使ってしまい、さらにはママやパパまで『デビルカード』を使ったものだから合計40万円(=約13.3mの身長が必要)もの金額になってしまいました。

デビルカードで40万円つかったのび太

調子に乗って使いすぎたツケがまわってきた

ドラえもん22巻「デビルカード」P84:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

そこでドラえもんは縮む身長から逆算して『ビッグライト』でのび太をあらかじめ大きくしておき、身長が縮み始めるとピッタリ元の背丈で止まったのでした。

あまり目立たないビッグライト

人気の『スモールライト』と並ぶ効果のある『ビッグライト』ですが、あまり出番がありませんね。

スモールライト』の影に隠れてひっそりした存在なので、もう少し表に出てきてもいいのかなという気もします。

ものを大きくすることよりも小さくするほうが利便性が高いので需要が異なるのでしょうか。

微調整して巨大化する

『デビルカード』で使った金額からミリ単位でのび太の身長を逆算して巨大化した様子からみると、『ビッグライト』は細かく倍率を指定して物を大きくすることができるようです。

ビッグライトは細かく倍率を指定可能

果たしてこれでよかったのだろうか?

ドラえもん22巻「デビルカード」P86:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

スモールライト』にもこのような機能があるかは不明です。

物を大きくして役立つシーン

『ビッグライト』を使って物を大きくすることで役に立つシーンを考えてみました。

食事

少量の食事を巨大化すれば食材費を浮かすことができますね。

細かい整備

機械などを大きくすれば中に入り込んでメンテナンス可能です。

建築

家やビルはあらかじめ小さく作り、それを大きくすれば建築コストを大幅に削減可能です。

身長で悩むとき

背が低くて悩んでいる人を大きくして喜ばれます。

資源の確保

わずかしか採れないような貴重な資源を大きくすれば大量に安定的に供給することができます。

乱用、厳禁

狭い日本はすべてがコンパクトに作られているので、急に大きくなると生活に支障が出るシーンが多いかもしれません。

いくら便利だからといって『ビッグライト』を乱用すると混乱を招くことになるので、時と場所をよく考えた上で使うようにしましょうね。



おすすめの記事