かぶることで、実際にはその場にいるが、存在そのものがものすごく薄くなってしまう『石ころぼうし』を紹介します。

スポンサーリンク

人に気にされなくなる

石ころぼうしをかぶると、まるで道端に落ちている石のように自分の存在が周りに気にされなくなります。

のび太の場合、パパやママ、ドラえもんにまで、日々の生活で細かいことをたくさん指摘され、嫌気を刺していました。

自分のことを気にかけなくなるひみつ道具が欲しいとドラえもんに懇願したところ、石ころぼうしを紹介してもらうのです。

石ころぼうしの効果

とんちのような回答

ドラえもん4巻「石ころぼうし」P158:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

気づかれない危険性

石ころぼうしをかぶったところで、自分の存在がこの世から消えるわけではありません。

体はちゃんとその場にありますが、周りの人から完全に無視されるような状態になります。

石ころぼうしの効果

汚いとは思わないのか?

ドラえもん4巻「石ころぼうし」P161:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

声をかけても、相手に触れても、相手を突き飛ばしても、自分の存在は全く気にされなくなってしまうのです。

考えようによっては、自分1人だけの世界にいることになるので、快適に感じるかもしれません。

ところが、周りから自分の存在が無視されることになるので、コミックでもあるように、石ころぼうしをかぶっている人に何らかの被害が及んでも、全く周りは気にしなくなるのです。

石ころぼうしの危険性

ママは勢いよく水をまきすぎだ

ドラえもん4巻「石ころぼうし」P164:小学館てんとう虫コミックス藤子F不二雄

歩道を歩いていると前から人がぶつかってきますし、車だってガンガン突っ込んできます。

これを考えると、石ころぼうしを普段の生活で使おうとするならば、東京のように人が多いところはおすすめできず、人が適度に少ない場所でひっそりと使うのがいいかもしれません。

コミックと大長編で効果が異なる

石ころぼうしは大長編でも度々活躍します。

しかし、全ての作品で少しずつ効果が異なります。

のび太の魔界大冒険

石ころぼうしをかぶったもの同士で姿の確認は出来ない。声を出してコミュニケーションすることで存在の確認は可能。ただし、においによって存在がばれて捕まるシーンがある。

のび太のねじ巻き都市冒険記

石ころぼうしをかぶったもの同士のコミュニケーションができなくなっている。原作の石ころぼうしの設定に最も近い効果。

のび太の創世日記

複数人が石ころぼうしをかぶった場合、ぼうしをかぶったもの同士で存在が確認でき、コミュニケーションも可能。かぶっていないものからは姿が気にされなくなる。

効果が似ている他の秘密道具は?

人の盲点に入る『モーテン星』が石ころぼうしに似た効果があります。

ただし効果が持続するのは1時間です。

その他、姿を消すひみつ道具が類似していると言えます。

使い方によっては効果てきめん

どこかの敷地に侵入する時や、相手に絶対に気づかれたくない時に石ころぼうしを使うと効果てきめんです。

浮気調査でも大活躍すること間違いなしですね。

もし、石ころぼうしを使っている時に大怪我をしてしまうと、これはかなり危険です。

ぼうしを脱がない限り、自分の存在は周りに気づかれなくなるため、交通事故にあって一瞬で意識を失ってしまうと、最悪そのまま命を落としかねない状況です。

少しの間じぶんだけの世界でゆっくりしたいという時に、周りの状況を見ながら使う程度であれば、これ以上便利なひみつ道具はないでしょう。

おすすめの記事